体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

義祖母からの甘いお菓子のお土産を断れず、濃い味大好き&虫歯予備軍に!

f:id:akasuguope01:20170729084141j:plain

1歳にもなると、離乳食も完了期になり、大人と同じような物を食べられるようになってきます。

すると赤ちゃんも食べる事の楽しさをより感じてくれるようです。

しかし、おやつには注意しないと、将来偏食の子や好き嫌いが多い子になってしまうかもしれません。

長男の1歳の誕生日に、義理の祖母がお祝いにチョコレートデコレーションケーキを買ってきました。そのチョコレートケーキは生チョコ仕立てで、口溶けの良い濃厚な味でした。

今思えば、まだ1歳の息子には早かったように思います。

しかし、義理の祖母が嬉しそうに持って来ている姿を見て、断れなかったのです。

それに、「もう1歳になったのだから大丈夫だろう」という、気持ちもありました。

案の定、息子はチョコレートケーキを喜んで食べました。

今まで、赤ちゃん用の薄味の食べ物しか知らなかったのに、突然甘くて美味しい味の濃い食べ物を食べたのです。興奮気味におかわりを要求してきました。

義理の祖母はその姿を見て本当に喜んで、何口もチョコレートケーキを息子に与えてました。

その日を境に、義理の祖母は息子への手土産にはチョコレートケーキを持って来るようになり、さらに、チョコレートクッキーやココアといった甘いおやつを常に与えるようになってしまったのです。

今更、断ることのできなった私は、仕方なく甘いおやつを嬉しそうに頬張る息子を見ているしかありませんでした。

息子は、甘いおやつが大好きになり、赤ちゃん用の薄味のおやつには見向きもしなくなりました。

また、ご飯すら味の濃い物を要求して来るようになったのです。スプーンやフォークを投げつけ、息子専用のご飯を拒否して大泣きしていました。

本当に困ったのを覚えています。

一度濃い味を好んでしまうとなかなか薄味に戻すことは難しいのですね。1歳の誕生日の時に、やんわりと断っておけば良かったと心から後悔しました。

関連記事:揚げ物もオヤツも濃い味もお兄ちゃんと一緒がいい!歯止めがきかない4歳差の食事情 by tomekko

ついに息子は、虫歯予備軍になってしまったのです。

私が、安易に与えてしまったことで、息子にも辛い気持ちを味わせてしまったと思うと申し訳なく思っています。

それをきっかけに、主人からやんわりと「甘いおやつはほどほどにして欲しい」と、義理の祖母へ伝えてもらいました。

初めは「好きな物を食べれないなんて、孫が可哀想」と怒っていた義理の祖母ですが、徐々に理解してくれるようになりました。

約1ヶ月半程、息子のおやつを赤ちゃん用の薄味へ変更して、なんとかそちらを食べてくれるようになりました。

しかし、今でも虫歯になりやすく、甘い物には目がありません。

関連記事:完全同居で嫁 VS 姑の食育バトル! 子どもたちにとって『母の味』はどっち?!

先輩ママさん達に話を聞くと、チョコレートや砂糖菓子といった甘いものは3歳まであげないようにしているそうです。

私もそうしておくべきでした。これからは食べ物本来の甘味を知って、食育に繋げていきたいと思っています。

f:id:akasuguope01:20170726061941j:plain

著者:tatto

年齢:27歳

子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週目

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

我が家は5ヶ月半からスタート。離乳食をはじめるチェックポイントは?
赤ちゃん用のミニサイズおにぎりで楽ちんお昼ご飯
はじめての離乳食。ズボラな私も電動ハンドブレンダーがあれば恐くない!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。