体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今治の染色技術が結集した1000色のインスタレーション

今治の染色技術が結集した1000色のインスタレーション
J-WAVEで放送中の番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「TOKYO TREASURE」。12月3日(日)のオンエアでは、タオルの産地として海外でも知名度の高い、愛媛県今治市の染色技術をテーマにした大規模な展覧会「IMABARI Color Show」に注目。展覧会のインスタレーションを手掛けたフランス出身の建築家、エマニュエル・ムホーさんにお話を伺いました。

日本に住んで20年以上というムホーさん。95年の初来日の際に、東京の街に溢れる無数の色を見て衝撃を受け、東京に移住。色で空間を仕切る「仕切り」という独自のコンセプトから、色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱う建築、空間デザイン、アートなど多様な作品を創造し続けています。

ちなみに、最初に降りた街は池袋だったそうですが、「街に溢れた色にエモーションを感じた」と直感的に東京に住むことを決めたと言います。

そんなムホーさんがインスタレーションを務めるのが、青山スパイラルガーデンで開催される「IMABARI Color Show」です。スパイラルの吹き抜けに“染色のレシピ”というインスタレーションを展示。“染色”という言葉には“1000色”をかけた言葉遊びの意味合いもあるそう。今回の展覧会でムホーさんは、誰も経験したことのない1000色の世界をインスタレーションとして繰り広げています。

「身の周りにも無数の色があって、人間の目は何百万の色を認識できるんですけど、日常の中で色について意識しないと思うんです。私はそれを意識していただきたくて、1つの空間で同時に1000色を見ることはないので、まず数字を決めました。色を決めるのも大変でしたし、何千種類もの色を並べて自分が美しいと感じる1000色を決めたんです」(ムホーさん 以下同)

色を決定してから、今治の職人さんに染めてもらう作業はさらに大変で、8社に分けて1000色の色を依頼したそうですが、職人さんの仕事は、まさにムホーさんの指定通りだったといいます。

「色を体全身で感じていただきたいので、くるくるまわったり、インスタレーションの下にクッションも置きますので、いろいろな視点から色を感じていただければ嬉しいです」と語るムホーさん。

「IMABARI Color Show」は、12月7日(木)から10日(日)まで青山スパイラルガーデンで開催されます。また来年2月2日(金)からは、愛媛県今治市のみなと交流センター「はーばりー」でも開催されます。気になった方はぜひ足を運んでみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜 9時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy