体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジメジメ解消!超お手軽な【湿気取り】術|身近なアレを活用

ジメジメ解消!超お手軽な【湿気取り】術|身近なアレを活用

重曹や炭など身近なものをつかってできる”湿気取り”をご紹介。湿気取りをマスターすれば、害虫やカビの発生も少なくなる効果が期待できますよ。シーン別の湿気予防策も必見!

目次

湿気の原因とは

簡単!湿気取りの方法

ありがち!湿気がたまりやすい場所別【取り方&予防策】

湿気の原因とは

湿気取りをする前に、湿気が起きる原因を理解しましょう。
近年の住宅は気密性が高い作りになっているため、意図的に換気をしないと室内に結露やカビが発生しやすくなっています。部屋干しや布団の敷きっぱなしなどといった生活習慣も、湿気の溜まる原因に。
カビはそれだけでもやっかいですが、カビをエサにする害虫が発生してしまうのも困りものです。特に、湿度が高くなる梅雨時期は注意したいですね。

 

簡単!湿気取りの方法

家にある身近なものを使った湿気取りの方法をご紹介します。市販の湿気取りを購入する前に一度試してみはいかが?

 

湿気取りを置く場所

湿気は空気よりも重いため、下の方に溜まる性質があります。そのため、なるべく床に近い場所に湿気取りを置くのが効果的。
また、下駄箱やクローゼット、洗面台の収納や、シンク下の収納など、湿気が溜まりやすい場所に湿気取りを置きましょう。

 

【湿気取りアイテム1】重曹

© PIXTA

瓶や皿などに重曹を入れて、下駄箱やクローゼットなど湿気の多い場所に置きましょう。
重曹には除湿・消臭効果があるので、湿気を取ってくれるだけでなく嫌なニオイもスッキリ!
かわいい瓶や小皿に入れたりするのも、ちょっとしたインテリアになっておすすめですよ。
重曹が空気と触れやすいように密閉せず、ガーゼなど通気性のあるものでカバーをしてゴムで留めて。
その際重曹にエッセンシャルオイルをたらしておけば、芳香剤代わりにもなります。使い終わった古い重曹はお掃除などに再利用できますよ。
交換の頻度は、基本的に3ヶ月ほど。湿気の多い季節には1ヶ月を目安にしましょう。

 

【湿気取りアイテム2】新聞紙

新聞紙も湿気取り効果が期待できるアイテムです。
押し入れやタンスの引き出し、クローゼットなどに敷き詰めておきましょう。隙間に丸めて並べておくのも湿気取りになりますよ。
1ヶ月ほど経って湿っぽくなったら新しいものと取り替えて。古いものはそのまま捨ててしまうだけなので、後片付けも簡単です。

 

【湿気取りアイテム3】炭

© PIXTA

炭には小さな穴がたくさんあいており、これが湿気取りだけでなく、ニオイを吸収してくれます。
タンスの引き出しに1本ずつを目安に、通気性の良い布などにくるんで入れておきましょう。
目に付く場所に置く場合は、オシャレな籠に入れておけば素敵なインテリアにもなって◎。
3ヶ月~半年ほどで交換し、古いものは洗って乾燥させればまた使用できます。
消臭効果は早ければ3日程度でなくなるとも言われていますので、ニオイ対策に使う場合はこまめに交換しましょう。

 

【湿気取りアイテム4】衣類用粉末洗剤

衣類用の粉末洗剤は、湿気取りアイテム・芳香剤としても使えます。
洗剤の箱のフタをあけ、紙のフィルムにボールペンなどで何カ所か穴を空けておき、湿気が気になる下駄箱などに置いておきましょう。
粉末洗剤が湿気を吸い取る上に、洗剤の良い香りもして一石二鳥です。
しばらく置くと湿気を吸い取って固まってしまいますが、洗浄力には影響ありませんので、交換して古いものはいつも通り洗濯に使用しましょう。

 

ありがち!湿気がたまりやすい場所別【取り方&予防策】

この章では、湿気がたまりやすい場所ごとの湿気取り方法と予防策をご紹介。
湿気が気になる場所がある方は、ぜひチェックしてみて。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy