体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

眼鏡スタイリストに聞く「似合う眼鏡」の選び方

眼鏡スタイリストに聞く「似合う眼鏡」の選び方
J-WAVEで放送中の番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「DIANA Shoes NEW LOOK」。12月3日(日)のオンエアでは、眼鏡スタイリストの藤裕美さんに、今シーズンのトレンドや、似合う眼鏡の選び方について伺いました。

この日、藤さんがかけていた木製のキャッツアイのメガネについて、玄理が聞くと、「ちょっと目尻が上がったものが、世界ではトレンドでもあるんです。女性といえばハイヒールを履く感覚で、キャッツアイの方が女性っぽくみえるとは言われていて。ちょっと目が上がっていた方が、確かにキレイになるなという実感はしてもらえると思います。ただ、自分がどういう雰囲気になりたいかはメイクと一緒ですね。髪型とも近いです」と話してくれました。

メガネにも春と秋、2度のコレクションがあるそうですが、世界のメガネのトレンドは、クラシックの流行が収束を迎え、明るめのデザインや個性的なものが目立ってきているそう。近年は、サングラスなどもデザイン性が先行していて、1960年代のサングラスのように、「見せる要素」が高くなっているのだとか。

そして、この秋冬で藤さんが注目している新ブランドとして挙げたのが、ベルギーのブランド「Komorebi」。ブランド名はデザイナーが奄美大島を訪れた際に見つけたTシャツに書いてあった言葉で、意味に感銘を受けて付けたそう。

ベルギーの眼鏡ブランド「theo」の元デザイナーが立ち上げたブランドだそうです。一見、普通に見えてディテールが変わっていたり、眼鏡のブリッジに入った溝や、角度によって光ったりなど、人が気づいたときに印象が変わるメガネです。

最後に藤さんにメガネ選びのコツについて伺いました。

「メガネ選びに失敗する人はプロダクトでしか見ていないので、ちゃんと鏡を見て、観察するといいです。自分とメガネではなく、メガネだけを見ている人が多いので。サイズ感、目の位置、形や色を見直したり…。あと、欲しいメガネがあったらそれしかかけないことがあるんですが、それとは全然違うもの、例えば丸が欲しいけど敢えて四角をかけてみて、丸と較べてみてやっぱり丸が好きなのかなどやっていくと、意外に自分が思っているものと違うものが見つかったりします」と教えてくれました。

藤さんのオフィシャルサイト「眼鏡予報」には、製品のことから医学的なことまで眼鏡に関するあらゆる情報が紹介されています。眼鏡選びの参考にも是非チェックしてみてくださいね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜 9時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。