体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外向けのGoogleアシスタントが家のトラブル時に業者を調べる機能に対応

Google が今月から米国を皮切りに家のトラブル等に対処してくれる業者を検索し、電話をかける機能を Google アシスタントを通じて提供を始めました。ブレーカーの故障や水道管の破裂など普通に暮らしていると思いもよらぬトラブルに見舞われることもありますよね。賃貸物件であれば管理不動産業者に依頼するとある程度対処してくれますが、持ち家だと自力でなんとかしなければなりません。国内だと昔はタウンページによくお世話になっていましたが、今はタウンページを見ることすらないという方は多いでしょう。ネット上でも様々な業者が見つかり、デリバリー注文サイトでも手配することができます。Google アシスタントならスマートフォンや Google Home に尋ねるだけで、周辺で営業している業者を探し、さらにその場で電話をかけられます。Google アシスタントの場合、Android、iPhone、Google Home に「OK, Google ○○ 業者を調べて」と言うと、専用の応答画面を表示しながらトラブルに対して適切な業者を探して候補を表示してくれます。対応しているのは、電気工事、水道配管、配送など一部です。まずは米国のみで提供されます。Source : Google

■関連記事
Sony Mobile、What’s Newアプリで1ヶ月ブチ抜きのスクラッチキャンペーンを開始
Galaxy A8+(2018)は丸いコーナーのインフィニティディスプレイを搭載
PixelbookやChromebook Plus / Pro向けのスペシャルオファー Netflix 6ヶ月無料、Google Playミュージック3ヶ月無料、100GBのGoogleドライブ・ストレージ無償提供など

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。