体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。12/4-12/10の運勢をチェック!

kyamera2

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 12/4-12/10の運勢

1・水の星の人

12月の全体運
物事の変化が起こりやすい月です。また、それは、自分自身の心はもちろんですが、取り巻く環境や身近にいる人に起こる可能性も高くなっています。
幸運を招く方角 東南
ご利益フード  ガイヤーン

今週の運勢(12/4~12/10)
週の後半にかけて、何かが変わっていくような感覚を覚えることになりそうです。もしくは、自分自身、何かを変えたいと思うこともあるかも。それは、仕事の内容や職場環境、学校、家のこと、プライベートでの人間関係などなど。いずれにせよ、気を付けたいのは、決して焦らないようにするということです。頭の中で考えや策を巡らすのは良いけれど、実際に行動に移すのは、もう少し後にした方が良さそうです。
7日は気分転換したい日。好きなことに没頭する時間を作るのも良いですし、お風呂にバスソルトを入れてゆっくり半身浴をすると気持ちがスッキリしそうです。9日は身体のメンテナンスをするのが良さそう。マッサージを受けたり、ジムなどで汗をかくのも良さそうです。

2・大地の星の人
12月の全体運
頂上運の月です。物事が表面化しやすくなっています。また、人から注目されるような機会もあるかもしれません。感情面でのコントロールをはじめ、自己管理能力を高めておくことが必要になりそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  油淋鶏

今週の運勢(12/4~12/10)
「短気は損気」である、いうことを意識したいタイミングです。今はちょっと、頭に血が上りやすいというか、普段よりも、気持ちが先走ったり、感情的になりやすいときのようです。一度口に出した言葉は消しゴムでは消えません。たとえ、自分が忘れてしまったとしても、相手は覚えていることは多々あります。自分の発する言葉や行動の意味、そして重さについて、考えてみる良い機会なのかもしれません。
6日はラッキーデー。日頃からあたためていたプランを実行するのにふさわしい日。新しいことにチャレンジしてみるのも良さそうです。7日は周りの人たちに、あなたの努力や頑張りが認めて貰える日。真面目な態度や誠実な行動が好印象につながりそうです。

3・雷の星の人
12月の全体運
自分自身と真摯に向き合いたい月です。ここで人知れず努力を重ねたり、徳を積むことが必要になります。あなたの「人間力」や「底力」のようなものが問われるタイミングのようです。
幸運を招く方角 北東 南西
ご利益フード  参鶏湯

今週の運勢(12/4~12/10)
外側に向けていた意識を、内側へと向けていきたいタイミングです。世間の評判や他人の動向を気にするよりも、自分自身の心にフォーカスするのが良さそうです。長い人生、自分を守るために、事実を曲げたり、嘘をついてしまうことがあるかもしれません。それが、人に迷惑を掛けたり、巻き込むようなことでなければ、生きる為に必要なときもあるでしょう。しかし、いま一度、自分の胸に手を当てて、聞いてみるのが良さそうです。それで良いのかと。
4日はラッキーデー。責任感を大切にすると良いことがありそう。特に、上司や先輩、親など目上の人と接する際は普段よりも、礼儀正しくを心がけましょう。あなたに対する評価が上がりそうです。支持してくれる人もあらわれそうな予感。8日は真面目な態度が好印象につながりそうです。また、そういった人と縁がありそうです。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。