体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

交通渋滞の解消に! リアルタイムに交通状況を判断するスマート信号、トロントで導入

運転中、交差点の赤信号で停止する。これは当たり前のこと。しかし、交差する道路に他の車がいないとき、なぜ停止する必要があるのか、と思うことはあるだろう。

そんな無駄な信号待ち時間を解消し、交通の流れをスムーズにするスマートな信号がカナダ・トロント市で導入された。ビデオやレーダーで交通状況を解析し、それに応じて色が自動で変わるというもの。市当局は「特にラッシュ時の交通渋滞の解消につながる」としている。

・車の列の長さを判断

導入されたスマート信号は2種類。1つは「InSync」と呼ばれ、ビデオで交差点につながる車の列の長さをとらえ、その状況に基づいて信号の色をコントロールするというもの。

一方、「SCATS」と呼ばれる信号では、レーダーを活用して交通状況を判断する。

・信号が自動シンク

これらのスマート信号が互いに連携し、自動でシンクする。つまり、全体的にそのエリアの車の流れをスムーズにすることが可能なのだという。

トロント市によると、今回は市内の22カ所にスマート信号を試験導入。2つのスマート信号は異なるメーカーによるもので、今後効果を比べ、交通渋滞の解消に役立つ方を本採用する見込みという。

Toronto

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy