体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

料理で大活躍!お手軽ヘルシーなお菓子アレンジレシピ【栄養士解説】

料理で大活躍!お手軽ヘルシーなお菓子アレンジレシピ【栄養士解説】
お菓子を食べると幸せな気持ちになりますよね。しかし、食べ過ぎると肥満の原因にもなります。

栄養素も考えて、美味しく健康的にお菓子を料理に取り入れることは可能なのでしょうか?

今回は、料理におすすめのお菓子、健康的なお菓子アレンジレシピなどを横川先生に教えていただきました。

お菓子に栄養価はあるの? 

お菓子で代表的な原材料は「砂糖」。砂糖は三大栄養素の一つ「炭水化物」であり、エネルギーを作り出すパワーの源になります。しかも、お菓子に含まれる砂糖は吸収がはやく、瞬時に脳や体のエネルギー補給したい時にうってつけです。

和菓子

大福

和菓子である大福の主原料は豆類。特に良く使われる小豆には血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維が豊富なうえ、糖質をエネルギーに変える手助けをするビタミンB1も含まれています。

洋菓子

チョコレート

さらに洋菓子の代表格ともいえるチョコレートは美味しく抗酸化作用が期待できるポリフェノールや代謝に必要なマグネシウム、鉄などの摂取が可能です。このようにお菓子にも体に役立つ成分が含まれています。

お菓子は心の栄養源

お菓子を嬉しそうに食べる女性

なんといってもお菓子の魅力は心の栄養になることではないでしょうか。3食の食事が体の栄養補給だとしたら、適度なお菓子は心に潤いを与える心の栄養源。

体に役立つ成分どうこうより食べるだけで笑顔になるお菓子も私たちの心と体の元気作りに大切な役割をもっています。

料理にお菓子をアレンジするメリット 

お菓子作りをする女性

お菓子を食べると誰もが笑顔になります。お菓子は心に元気を与え、生活に彩りを与える存在。そんなお菓子を更に料理にアレンジすることで、作っているときも食べている時も楽しい時間に。

楽しさを広げ、想像力も豊かにしてくれます。そのため、脳にも良い影響を与えることが考えられるでしょう。

またお菓子は万人に好まれることも多いことから、ちょっと苦手なメニューでもお菓子をプラスすることで食欲をそそり、食べやすくするためにも役立ちます。

料理にお菓子をアレンジする際の注意点 

お菓子のカロリーを気にする女性

少しの量でエネルギーを補充できる利点があるのがお菓子。しかし、しっかりと体に必要な栄養素を摂ることができる食事とは違い、精製された糖質や脂質がお菓子には多く、体内のビタミン・ミネラルが消費されやすい特徴があります。また加工度が高く、添加物なども多くなりがちに。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。