体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドバイでのトランジットでできること6選!短時間でも充実の「おまけ旅」

中心部へのアクセスがいいドバイ国際空港

乗り換え時間でドバイの街に出る!短時間で充実の「トランジットおまけ旅」。
たとえば、ヨーロッパの都市への格安航空券を探していると、中東地域の空港を経由するチケットが検索結果に出てくることがあります。その中でも様々な都市を結ぶハブ空港であるドバイ国際空港は、ご存知エミレーツ航空の拠点でもあり、2016年には8360万人が利用した巨大空港です。90の航空会社が乗り入れ、240の都市を結んでいます。

チケットによっては、ドバイでの乗り換え時間が20時間以上あることも。そこで、その待ち時間を利用してドバイの街に繰り出してみませんか。中心部は空港から近くコンパクトなので、短時間でも観光可能です。ドバイの街に出たことがないなら、あえて乗り換え時間があるチケットを手に入れてもいいかもしれません。

それでは、トランジット「おまけ旅」におすすめなスポットとアクティビティをご紹介しましょう。

世界一の高層ビルからの絶景にまるで空中浮遊!

乗り換え時間でドバイの街に出る!短時間で充実の「トランジットおまけ旅」。
(C)Shutterstock.com

ドバイにある世界一高い高層ビル、「ブルジュ・ハリファ」はなんと206階建てで、その高さは828メートル。日本一のビルあべのハルカスが300メートルですからびっくり。ドバイの中心地に位置していて、空港から車で15分または電車で35分です。その展望フロア「At the Top」からの眺めは圧巻!

ちなみにこの展望台では、その高さゆえに地上よりも3分間日没時間が遅いんです。ですからラマダンの期間の断食が終わる時刻も3分遅いということになるそうです。

水と光のスペクタクル!噴水ショーを楽しむ。

乗り換え時間でドバイの街に出る!短時間で充実の「トランジットおまけ旅」。
2009年にオープンした、噴水のアトラクションも世界一のスケールです。125メートルの高さまで吹き上がります。上空に向かって輝く光のビームは30㎞先からでも見えるそうですよ。また、スプラッシュゾーンでは水を浴びながら体感することもできます。

高層ビルのブルジュ・ハリファの1階にあるので、時間が合えばぜひ。このショーは午後早い時間に2回、夕方に1回、夕方6時から11時までは30分おきに行われます。

展望台と噴水なら、空港を出てから戻るまでに4時間あれば十分といったところでしょうか。

眩い金製品を市場で見る、そして買う?

乗り換え時間でドバイの街に出る!短時間で充実の「トランジットおまけ旅」。
ゴールド・スークは、世界の中で金製品をどこよりも安く購入することができる場所の一つ。金を売る店が並びます。50年前にオープンして、現在は扱われている金の量はいつもだいたい10トン分。政府の規制がしっかりしているので、そのクオリティはしっかり保証されています。金の市場価格は決まっているので値切れませんが、加工などの工賃などは交渉可能です。

高層ビルと噴水があるブルジュ・ハリファから、この古い町並みが残るディラ地区にある金の市場まではタクシーで20分ちょっと、電車で40分から1時間です。ここから空港に戻るなら、車で20分、電車で30分ほどです。

すぐそばのスパイス市場も必見!

乗り換え時間でドバイの街に出る!短時間で充実の「トランジットおまけ旅」。
ゴールド・スークから歩いて2分にあるのが、スパイス・スーク。ここに並ぶのは中東料理に欠かせない乾燥されたスパイス。市場に漂うエキゾチックな香りと色彩の美しさに、ここはアラブの国だとあらためて思い知らされるようです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy