体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」

島国の日本で、昨今離島ブームが続いていますが、家島諸島はご存知でしょうか。

瀬戸内海国立公園の東部、兵庫県姫路市の沖合18kmに大小44の島々から成る家島諸島が浮かびます。44島のうち、人々が住むのは家島・坊勢島・男鹿島・西島の4島で人口は約6,000人だそうです。

【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」
「家島本島・宮地区」11月 ある日の昼の風景 (C)家島観光事業組合

なぜ家島と呼ぶのか

【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」
「家島本島・真浦地区」ある日の夕方の風景 (C)家島観光事業組合

「家島」とは懐かしいような馴染みのある名前ですね。どういった由来でこの名称になったのでしょうか。

家島の名前の由来は、神武天皇が遠出の際に嵐に遭い避難された時、湾の中に入るとその嵐が嘘のように静かになり、「まるで家のなかにいるようだ」と言われたことから、家島となったと伝えられています。

漁師さんの平均年齢が日本一若い島

【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」
「家島諸島・坊勢島」 (C)家島観光事業組合

人々が住む4島のうち、坊勢島は漁師の島。坊勢島の漁船の数は約930隻、兵庫県でも有数の漁獲高を誇る漁業の島で、漁師さんたちの平均年齢が日本一若い島と言われています。

瀬戸内海一を誇る漁獲高

【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」
海老 (C)家島観光事業組合

瀬戸内海一とも言われる漁獲高を誇る家島諸島は、獲れ獲れピチピチの魚介類の宝庫。

家島の見どころ

絶景の夕焼け
【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」
10月 真浦地区 夕方の風景 (C)家島観光事業組合

家島本島真浦地区にある、アイランドハウスいえしま荘付近からの夕日は絶景。

どんがめっさん<家島本島・真浦地区>
【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」
「家島本島・真浦地区」ある日の昼の風景(どんがめっさん) (C)家島観光事業組合

約2600年前からあるといわれる「どんがめっさん」は、航海の安全を司る水神。その昔、主人の帰りを待ち続け長い歳月のうちに石になってしまった大海亀だそうです。

「この亀が復活すると家島本島が沈む」と言われ、「百回この亀の頭をなでると願い事が叶う」と言われています。

[家島の伝説-どんがめっさん- 姫路市立家島小学校]
[かめの神様「どんがめっさん」離島経済新聞社]

漁師の守護神 神権(じんごん)さん<家島諸島・坊勢島>
【大阪から車で2時間】家にいるように静かな離島「家島」
「家島諸島・坊勢島」 (C)家島観光事業組合

坊勢島奈座港のすぐ近くにある、小さな弁天島。 島の人達からは、神権(じんごん)さんと呼ばれ、漁師の守護神でもある海神・竜神・弁財天が祀られています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。