体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【RAMMELLS インタビュー】内なる狂気を活かしていきたい

ロック、ファンク、ソウルなど多彩な音楽性や中毒性たっぷりのヴォーカルで注目を集めているRAMMELLSが、アルバム『Authentic』でメジャーデビュー! その新作、バンドの現状について話を訊いた。
L→R 村山 努(Ba)、真田 徹(Gu)、黒田秋子(Vo&Key)、彦坂 玄(Dr) (okmusic UP's)
──結成から2年経って、バンドの現状をどう捉えてますか?
黒田
「お互いの好みや性格を掴み始めた感じ、かな(笑)。」
──2016年の初ツアーは大きかったんじゃないかと思うのですが。
彦坂
「大分で対バンしたSIX LOUNGEが印象的でしたね。ウチらとタイプは違うけど、すごくバンド然としてて。」
村山
「真田以外のメンバーはバンド経験がほぼなくて、関東を出るのすら新鮮でした。音楽を広げていくことの大変さも実感できたし、頑張らなきゃいけないなと。」
黒田
「日々ステップアップしてるけど、ツアーはそれが著しかったです。初日からファイナルまででライヴの仕方がガラッと変わったと思う。」
真田
「そういうのってやっぱりメンバーに口では説明できなくて、今もメジャーに見合ったレベルに持っていくために試行錯誤中ですね。」
──RAMMELLSの持ち味というと?
黒田
「闇を抱えてたり、繊細だったりするところ。私はすごく好きなんです! 内なる狂気っていうか、そこを活かしていきたい。」
──キーボードはひんやりしてたり、ギターが歪んでたり、そういう対照も楽しかったです。
黒田
「確かに、クールでいて熱い感じはありますね。」
村山
「音楽的な方向性は特に定まってないんですよ。」
彦坂
「その時に出てきたアイデアを自分たちなりにかたちにしてみるっていう。“らしさ”は徐々に分かってきてるんですけどね(笑)。」
真田
「そこもああだこうだ言わないので。」
村山
「みんな趣味もバラバラだし、感性をミックスして出来上がったものがカッコ良ければね(笑)。シティポップについてもあまり考えてないですけど、今その第一線にいる人たちとルーツは重なってるのかもしれません。」
──『Authentic』はメジャーデビューの気負いがない、とてもいいアルバムだと思いました。
真田
「25曲くらいある中から10曲選んだんですけど、ベスト10とかじゃなくて、バランスを見て「AMY」のような暗い曲も入れました。」
黒田
「私、歌詞はその時に思ってることしか書けなくて。この1年は浮き沈みが激しかったので、RAMMELLSの最高も最低も如実に出てますね。」
──最低というのは?
彦坂
「今年の春、自分たち企画のライヴをやる中でダメな部分に気付かされたんです。“こんな感じでいいでしょ?”みたいな、なぁなぁな姿勢になっちゃってて。」
村山
「メジャーの話が来た時も、覚悟が足りてなかったり葛藤があったり。」
黒田
「自分にもムシャクシャしてましたね。で、「AMY」ができた。」
真田
「あの時期は毎日イライラしてたなぁ(笑)。でも、「AMY」の流れるようなギターソロはお気に入り。」
彦坂
「夏あたりでようやく開けてきたよね。」
村山
「それでポップな「CHERRY」ができたりして。」
彦坂
「「daybreak」もレコーディング直前にできたもんね。」
黒田
「まさにタイトル通りの“夜明け”。あの軽快さや《朝が広まった》という歌詞は、いろんなことを経て生まれた感じです。」
──黒田さんの髪が短くなったのも今年ですよね。
黒田
「作品にはまったく関係ないけど、めっちゃ伸ばしてパーマかけて傷め付けてからバッサリ切るのをただやりたかったんですよ。にしても、なんであんなに長くしてたんだろ?(笑) 短いほうが楽だし、自分に合ってると思います。」
──最高の部分についても聞かせてください。
村山
「「slow dance」みたいな曲を入れること自体が新しくない?」
真田
「明るいのを狙って作りました。これは僕が歌詞を書いてるんですけど、“どうだ、こういう曲もできるんだぞ!”と見せつけるような棘のある感じ。」
──屋敷豪太さんプロデュースの「HERO」も新味ですね。
村山
「プロデューサーに入ってもらうのは初めてで。他の曲も含めて、客観的な意見も聞いたアルバムだよね?」
真田
「うん。「HERO」は4人の中でいいアレンジが思い付かなくて。俺ら的にはそうでもなかったけど、レーベルの人が推しの曲だったんですよ。」
黒田
「あはははは。」
彦坂
「なので、どうにかかたちにしてみようと。豪太さんに入っていただくのは、ドラマーの僕からしたら本当にびっくりで! いきなりラスボスと対峙するみたいな感じ。曲の良さをナチュラルに活かしてくださったし、各々がグルーブに徹してひとつの曲を作ることの難しさを目の当たりにする貴重な経験でした。」
真田
「結果、大好きな曲に変わったね。“こういう感じで弾いてみて”とか言ってもらうのも新鮮で、勉強になりました。」
──リードの2曲はどうですか?
真田
「「2way traffic」は初めてメンバー全員で作曲したので、これがリードになるといいなと思ってました。ギターリフがカッコ良いし、ソロはカッティングのリズムの気持ち良さで上手く弾けたかな。」
彦坂
「バンド感が一番出せた曲だよね。」
黒田
「「CHERRY」はRAMMELLSの新しい一面が分かりやすく感じられるはず。私たちって“黒っぽい”とか“おしゃれ系”とか言われるけど、この曲はストレート。とても聴きやすいと思います。」
村山
「メジャーっぽい。こういう淡くて切ない曲もたくさんやっていきたいです。」
──歌詞もいいですよね。思考し続けてる、多様性を尊重する人の言葉に感じました。
黒田
「あぁ、嬉しい。「image」なんかは、私の脳内で常に考えてることが詰まった曲ですね。現実と想像を行ったり来たりする感じ。」
──《右、左に見慣れたワイパー》のところも、右だの左だので揺れる現代の風景が浮かんだりして。
彦坂
「その想像、すごいっすね。」
村山
「俺はちょっと思ってたよ、それ。いろいろ解釈できるのも、RAMMELLSの曲の特徴かも。」
黒田
「前作では右、左の話も歌ってたからね。今回はたまたま街中で見かけたワイパーが頭に残ってて、音にも合うので入れたんですけど、そうやってイメージを広げてもらえるのは面白い! 単純に“バンドは楽しいな”っていう「playground」みたいな曲もありますが。」
村山
「個人的には「playground」が好きかな。ネオソウルを意識して、ダンサブルなリズムにもできたと思います。」
真田
「そうだね。いろんな表情が見える自信作になりました!」
取材:田山雄士
アルバム『Authentic』
2017年12月6日発売

日本クラウン

CRCP-40537

¥2,315(税抜)
RAMMELLS
ラメルズ:ギターの真田 徹がSuchmosのYONCEらと組んでいたバンドOLD JOE解散後、大学時代の先輩である黒田秋子、村山 努を誘って2015年8月に結成。16年に彦坂 玄をドラムに迎え、ライヴ活動を本格的にスタート。17年12月6日にアルバム『Authentic』でメジャーデビュー。
「2way traffic」MV

https://youtu.be/uHx_X6os7qQ

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy