ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「HSPプログラムコンテスト2017」入賞作品発表!全応募作品が無料でダウンロード可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

HSPプログラムコンテスト事務局は1日、「HSPプログラムコンテスト2017」の入賞作品を発表した。

「HSPプログラムコンテスト」は、プログラミング言語HSP(Hot Soup Processor)により作られた作品のコンテスト。2003年から毎年開催され、今年で15年目となる。2017年1月1日以降に発表された作品を対象に8月1日から10月31日まで作品募集が行われ、優秀賞や協賛各社による賞など49作品が入賞した。

総合最優秀・ツェナワークス賞を受賞したのは、3DアクションRPG『MUSE』。審査員からはチュートリアルの丁寧さやゲームバランスなどが評価された。本作の作者である魔女オイラ氏はHSPによるゲーム制作ツールも開発しており、審査員でありHSPの作者であるおにたま氏は「いままでツールやシステム面での研究をされていたと思いますが、それらが花開いた形になっています」というコメントを寄せている。
muse

総合最優秀・ツェナワークス賞を受賞した3DアクションRPG『MUSE』。さまざまな武器やスキルを駆使してダンジョンやイベントを攻略していく

優秀賞はデスクトップマスコット作成ツール『オレノヨメツクール』(ヒサ吉氏)が、優秀ゲーム賞は3Dシューティングゲーム『GLOBE GUNNER』(Makoto氏)が受賞した。また、HSPのスクリプトをスマートフォンなどのマルチプラットフォームで動作させるフレームワーク「HSP3Dish」向けの作品を表彰するHSP3Dish優秀賞は短編RPG『ファグモリィ2』(おそのもんぞ氏)が受賞している。
globe-gunner-1globe-gunner-2

優秀ゲーム賞を受賞した3Dシューティングゲーム『GLOBE GUNNER』。周囲360度と上下を見渡すことができ、全方位から現れる敵を撃破していくレールシューター的な作品。ステージや敵のバリエーションも豊富だ

そのほかにも協賛各社の賞や審査員奨励賞など、さまざまな作品がピックアップされている。応募作品はすべて無料でダウンロード可能なので、気になる作品があればぜひ触れてみてほしい。

関連記事:

第9回「WOLF RPGエディターコンテスト(ウディコン)」開催! 20本以上の応募作品が早速プレイ可能
「HSPプログラムコンテスト2017」作品募集開始!15年の歴史を持つ自作ソフトの祭典
フリーゲームコンテスト「第9回ウディコン」結果発表!3位が同率2作品となるなど接戦に

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。