体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアーバンドが聞ける5千円BCLラジオの操作性

エアーバンドが聞ける5千円BCLラジオの操作性

ELPAのブランドで朝日電器から発売されている「ER-C57WR」は、エアーバンドが聞けるBCLラジオ。5千円以下という実勢価格が魅力です。そこで、この5千円BCLラジオでエアーバンドを聞くときの操作性をチェック。ハンディ受信機のベストセラーであるアイコム「IC-R6」と比較してみました。

エアーバンドのステップと合わない

エアーバンドの周波数入力は、IC-R6がメインダイヤルを駆使して合わせなければならないのに対して、ER-C57WRはテンキー・ダイヤル・アップダウンボタンの3通りが使えます。

ただし、周波数ステップが1kHzと5kHzしか選べないのが難点。日本国内のVHF帯エアーバンドは基本的に25kHzステップの割当てとなっているので、周波数ステップが合わないのです。

テンキーからの入力は受信機とは違い、最初にFREQボタンを押してから数字を入力するラジオ式。周波数をすべて入力するか、FREQボタンを押すことでセットされます。テンキーの反応がやや緩慢で、管制席が移って周波数が変わった時に、慌てて周波数を入れても反応しないことが…。

なので、エアーバンドの周波数はメモリーして使いましょう。ER-C57WRのメモリーは10チャンネル×10ページ。ページとはラジオ特有の表現で、受信機のバンクのことです。

エアーバンドのメモリーはお手軽

メモリーするには、エアーバンドの周波数を合わせた後に登録したいチャンネルと同じ数字のテンキーを長押しすれば、メモリーされるというお手軽さ。周波数ステップが扱いにくいので、積極的にメモリーを活用するといいでしょう。

ちなみにメモリーチャンネルを変えようとして、ダイヤル操作をすると周波数が変わってしまうのは、受信機のメモリーとは違う感覚。メモリーを変える時は、テンキーでチャンネル番号を押して変えます。

メモリーに関して、IC-R6との決定的な違いは、ER-C57WRはスキャン機能が無いこと。ただ、エアーバンドの周波数の変更が多くない地方空港なら、1波固定でも十分楽しめます。

ER-C57WRでエアーバンド受信の面白さにはまったら、IC-R6を買う気持ちでER-C57WRを3台追加購入すれば、GND・TWR・APP・DEPの4波同時受信体制を組むことも可能です。(文/名須川優)

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。