体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【世界の謎】UFOや河童の目撃例も!古代ピラミッドとの噂もある富山の尖山に行ってみた

科学の発達や情報の拡散が目覚ましい現代においても、未だ明かされない世界の謎。国内外のミステリースポット、心霊スポット、諸説あるもののはっきりとは謎が明かされない遺跡や文化、不思議な現象などなど。

年の瀬がせまり、なんだか落ち着かない気分になっているあなたに、つかの間非日常にトリップする記事を1週間毎日お送りいたします!

TABIZINE「世界の謎」特集、どうぞお楽しみください。

全国にはミステリースポットと呼ばれる場所がいくつもありますよね? さまざまな研究から秘密の謎が解明されてもなお、訪れる人々の想像力をかきたててやまないスポット。そんな場所が筆者の暮らす富山県にもあります。

【世界の謎】UFOや河童の目撃例も!古代ピラミッドとのうわさもある富山の尖山ミステリー探検
そこで今回はTABIZINEの「世界の謎」特集の一環として、富山県立山町にある尖山(とがりやま)を紹介したいと思います。

 

古代ピラミッドとのうわさも流れた美しい円すい形の山

【世界の謎】UFOや河童の目撃例も!古代ピラミッドとのうわさもある富山の尖山ミステリー探検
富山県の東部には北アルプスの山並みが続いており、その山々を横断する形で、国際的に人気の山岳観光スポット・立山黒部アルペンルートが整備されています。その国際的な観光地にアプローチするルートの入り口に、ポッコリと地表から盛り上がった円すい型の低山があります。

この山容を形容して地元の方は「とんがりやま」と呼んでいますが、正式名称は尖山(かつては布倉山)、その標高559.4mの三角形の山に、数々のミステリアスなうわさが持ち上がっているのですね。

【世界の謎】UFOや河童の目撃例も!古代ピラミッドとのうわさもある富山の尖山ミステリー探検
尖山の杉林

例えば古代ピラミッド説。国立国会図書館に所蔵されている野崎雅明著『肯搆泉達録』(1815年)にも、

<此山は諸国に稀なり一つ山にて急なること手を立たるが如し>(『肯構泉達録』より引用)

と書かれているように、尖山は極めて特徴的な山容を見せています。その勾配といい山のサイズ感といい、言われてみればまさにピラミッドそのものに見えてしまいますよね。

尖山周辺ではUFOの目撃も相次いでおり、尖山周辺で商売を営む地元の男性に聞くと、今でこそ落ち着いたものの、1970年代くらいから目撃情報を盛んに耳にするようになったと言います。

【世界の謎】UFOや河童の目撃例も!古代ピラミッドとのうわさもある富山の尖山ミステリー探検
尖山の登山道

さらには山頂付近で方位磁石が狂う、河童を目撃した、山頂から天空に向かって逆さ向きに雷が立ち上った(逆さ雷)などミステリアスな逸話が次々と生まれています。

全国に広がる祭祀の遺跡を学術調査する國學院大學考古学資料館が平成8年に行った尖山の調査では、山頂で山岳信仰に関連した平安末期から鎌倉時代にかけての祭祀の遺跡が発見されています。

河童やUFOなどの真偽は別としても、昔からその山容をもって、人の心に何事かの特別な感情を抱かせてきた山である点は間違いがなさそうですね。

 

少なくともピラミッドではないらしい・・・

【世界の謎】UFOや河童の目撃例も!古代ピラミッドとのうわさもある富山の尖山ミステリー探検
尖山の登山道

ただ、専門家によれば、独特な山容の正体は、少なくともピラミッドではないと断定されています。孫引きになりますが、中日新聞の記事には立山カルデラ砂防博物館の学芸員のコメントが掲載されています。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。