体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老若男女が楽しめる! DA PUMP参加ダンスイベント

老若男女が楽しめる! DA PUMP参加ダンスイベント
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「ARTS COUNCIL TOKYO CREATIVE FILE」。12月2日(土)のオンエアでは、代々木公園で開催される国内最大規模のストリートダンスの祭典「Shibuya StreetDance Week 2017」に注目。ダンスディレクターを務める、DA PUMPのKENZOさんにお話を伺いました。

このイベントは、プロによるダンスパフォーマンスや高校生対抗ストリートダンス選手権、青空ダンス教室、ジャンル別ダンスバトルなどダンス一色となっています。

KENZOさんが担当するのは「DANCE WITH music」という誰もが参加し楽しめるプログラム。このイベントのための振り付けをウェブサイトで公開しており、KENZOさんは子供も大人も楽しめるように、レクチャー映像にもこだわったそうです。

みんなが楽しめるダンスを作る上で気をつけたことを聞くと「今回はシンプルです。映像を見て来てくれる人もいると思うんですけど、その場ではじめて見る方もいるので、その人たちが見たときに『こういう風にやるのかな』と追いついてこられるような振り付けになっています。激しく踊っているように見せているのもポイントです」(KENZOさん、以下同)と話してくれました。

国内外のダンスバトルで60以上の賞を獲得してきたKENZOさんですが、「優勝の数だけ負けの数もあります。優勝しても自分に納得がいかないときもあって…ずっと自分のダンスに向きあって土臭いことをやっています」と、常に探求心を持ち付けていると言います。

そして現在のダンスシーンについては、「ダンサーやダンスシーンにとって、もっともいい時期じゃないかと思います。ダンスが入ってきた当初はダンスについて説明するのも難しかったと思うんですけど…それがダンス甲子園だとかダンスブームが火付け役になって一本の道になって、世代別につながってダンスに対して共感が得られる状態になったんじゃないかと。先人たちとかダンサーの先輩にはすごく感謝をしています」と語りました。

さらに、「公共の場所で、誰もが参加して見られるオープンスペースでやることにダンスの根本の良さがあります。ダンスは国境、宗教、人種、言語、体の不自由な方も全部1つにしてくれます。言葉が話せなくても踊るだけで空間が楽しめますし、ダンスで愛が詰まったイベントになるんじゃないかと。僕が始めた当初にこのようなイベントがあったら、真っ先に行きたいと思ったでしょうね」とKENZOさん。

「Shibuya StreetDance Week 2017」は12月3日(日)の11時から15時45分まで代々木公園で開催されます。KENZOさんの「DANCE WITH music」は15時30分からのラスト15分に行われます。ぜひ気軽に参加してみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。