体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、お値段16万からのラグジュアリーなクラムシェル型スマホ「W2018」を正式発表

Samsung は 12 月 1 日、中国で従来型ケータイのようなクラムシェル型のフォームファクターを採用した Samsung W シリーズの新モデル「W2018」を正式に発表しました。W2018 は富裕層のビジネスユーザーをターゲットにしたプレミアムモデルです。国内の Android フィーチャーフォンはガラケーの代替機という位置づけなので、価格とスペックはとても低く設定されていますが、W2018 は Galaxy S8 と同等かそれ以上の高いスペックを備えるなど、他とは一線を画する存在です。ゴールドの縁取りがラグジュアリーな W2018 は、液晶部分の前後に 4.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの高解像度 AMOLED パネルを装備しています。もちろんタッチ対応です。また、Galaxy S8 と同様に Snapdragon 835 プロセッサ、6GB RAM、64GB ROM(エクストリームエディションは 256GB)を搭載しています。W2018 では世界で最初に F1.5 の絞り値を実現したカメラレンズを採用しており、1,200 万画素のメインカメラはデュアルピクセル AF や OIS、4K 撮影にもしっかりと対応。また絞り値を擬似的に F2.4 に変更する機能も備わっています。前面には 800 万画素カメラが搭載されています。W2018 は Galaxy S / Note のように Bixby ボタンを装備しており、AI アシスタントによるハンズフリーのスマホ操作が可能です。OS は Android 7.1 Nougat で発売されます。 クラムシェル型モデルとしては他に類を見ない豪華な W2018 のお値段はそう安くはありません。なんと 10,000 元(約 16 万)からと、いくら経済的に余裕があっても手を出すのにだいぶ躊躇する価格です。Source : Sina

■関連記事
Android TVの初期セットアップが今ではとても簡単に
「ハングアウトミート」の参加人数が30人から50人に増加
Essential社が次のモデルについて言及

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。