ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

上州和牛に下仁田ネギ…具材自給率100%!群馬県産「すき焼き」に大行列

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

11月29日は、良い(11)肉(29)の日!全国の肉を扱う店などでは、この日限りの記念イベントやサービスを展開するところも多いハズ。

 

そんななか、編集部がお邪魔したのが銀座にある群馬県のアンテナショップ『ぐんまちゃんの家』です。(良い肉の日に、なぜ群馬県?)と思った方! 群馬県は全国でも上質な“上州和牛”の産地であり、そして「こんにゃく」、「下仁田ネギ」など、全てのすき焼き食材が県産でまかなえる“すき焼き自給率100%”の県だからです。


旅行読売2017-02-07 発売号
Fujisan.co.jpより

群馬のおもてなし料理「すき焼き」を実食!

群馬県では、県自慢のおもてなし料理「すき焼き」と、群馬県産食材の魅力を伝えるべく11月29日を「ぐんま・すき焼きの日」と制定。今年で3年目を迎える「オールぐんまdeすき焼きまつり」を開催しています。

 

今年は、創業明治2年の老舗『伊勢重』(日本橋 小伝馬町)がプロデュースする「ぐんまのすき焼き」が、限定100食を500円で提供されるとあって、チラシやホームページなどで最小限の告知だったにもかかわらず、朝から整理券を求めるお客様の長蛇の列が!

 

「アンテナショップのグルメイベントが好きで良く来ているけど、すき焼きは初めて!」や「下仁田ネギが好き。味わって帰りたい!」と、運ばれてくる「すき焼き」を心待ちにする人で満席になりました。

 

野菜と麦の国、群馬

群馬県は、利根川水系の豊かな水と、東部の平坦地から利根・吾妻の高冷地までの標高差を利用した野菜づくりが盛んな土地です。キャベツやきゅうりをはじめ、生産量が全国5位以内にランクインする野菜が15種類あり※、首都圏にその多くを出荷しています。(※平成25年)

 

また、麦作がさかんで「桐生のうどん」「ひもかわ」「水沢うどん」「おっ切り込み」などの名物が揃う“うどん天国”であり、粉食文化が豊かな土地でもあります。

 

「ぐんまのすき焼き」には、A5ランクの上州和牛に、下仁田市で栽培・収穫された本家本元の下仁田ネギ。そして、しゅんぎく、しらたき、水沢うどん、しいたけ、豆腐と、群馬県産の一級品が勢揃い! 特に、しらたきは細さが特徴で割り下や卵とよく絡むものが選ばれています。

 

…肝心のお味はというと、甘さ控えめ『伊勢重』の割り下に具材の旨味が存分に染み込んで、んんん~旨い!

 

上州和牛は、とろけるような柔らかさにもかかわらず脂っぽくない印象。日本で初めてEUへの輸出が認められたという品質の高さに納得です。そして、ほんのりとした苦みがたまらないしゅんぎくや、肉厚のしいたけは食べ応え十分!シャッキリとした歯ごたえがたまりません。

 

ちなみに、下仁田ネギの収穫時期は11月末~12月なので、まさに今が旬! じっくり加熱すると甘くてトロトロになる食感に思わずうっとりです。

 

本日、振る舞われた群馬県産の食材でつくる「すき焼き」は、2018年の1月22日~2月22日まで、『伊勢重』の特別企画コース「上州」にて味わうことができるそうです。

 

お肉だけでない、野菜もこんにゃくも、まるごと美味しい群馬産の「すき焼き」を、この冬、ぜひ味わってみてはいかがでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

どうして100年以上も続く?老舗グルメに学ぶ経営方法と成功のヒミツ!
レアすぎる!100時間調理した“牛カツカレー”の旨さに撃沈
銀座の待ち合わせ定番スポット「有楽町マリオン」がキラッキラ冬イルミ! 6万球LEDの彩りにウットリ
恋人同士にオススメ!海外旅行で行きたい愛と運命の強力パワースポット
「ウォーリーラン仙台」10月22日開催決定! ウォーリーファンが八木山ベニーランドに大集合!

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。