体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水上をアメンボのように動く! 水中翼の電動アシストバイクが予約受付開始

脚こぎボートと水上バイクを合体させたような水中翼の電動アシストバイク「Hydrofoiler XE-1」のプレオーダーが始まった。

まずは開発を手がけた「Manta5」のお膝元、ニュージーランド限定で、価格は7495NZドル(約58万円)。来年2月に公式発売となる。

・プロペラで推進力

水上でのHydrofoiler XE-1を見ると、まるでトレーニングジムなどにある自転車のようだ。手を置くハンドルバーや腰掛けるサドルがあり、足でこぐペダルもついている。

実際、自転車のようにペダルをこぐと、水面下に隠れる部分にあるプロペラが回り、推進力を得られる。

・ボディを軽量化

しかし、これだけではないのがHydrofoiler XE-1。バッテリーやモーターを搭載し、電動アシストする。つまり、必死になってこがなくてもスイスイ進めるのだ。

もちろん、水の抵抗があるのでそれを減らすためにカーボンファイバーを使うなどしてボディの軽量・スリム化を図っている。

ちなみに、体重85キロの人が乗った場合、約1時間の電動アシストが可能とのこと。

必死にペダルをこぐことなく水面を颯爽とサイクリングできるこのこのバイク、新たなレジャーツールとして注目を集めそうだ。

Hydrofoiler XE-1

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。