体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Vineの元CEOがVine後継サービスの開発を始めると明かす

動画を用いたソーシャルメディアとして人気の Vine は今年初めに親会社である Twitter 社による決定により閉鎖されましたが、Vine の共同設立者の一人で元 CEO を務めた Dom Hofmann 氏がその後継とも考えられる別のサービスを作る取り組みを始めることを明らかにしました。Vine は Instagram と肩を並べる人気ぶりを見せていましたが、突如サービス終了がアナウンスされ、現在は閉鎖状態にあります。しかし、Vine のコアとも言えるループ動画の作成機能は個別アプリによって現在でも提供中です。波乱万丈の生涯を送った Vine に対しては、ネットユーザーから復活を望む声が鳴り止みません。そのようなコメントは同氏にも多く寄せられているそうです。Hofmann 氏はツイートの中でフォローアップ事業の計画の中身を公表していませんし、マスコミからの問い合わせにも計画を明かしたくないと拒んでいます。ただ、Vine の知的財産権や商標は Twitter 社が保有しているはずなので、Vine の後継と言っても Vine とは似て非なるもののはず。Hofmann 氏は現在、個人的なサイドプロジェクトとして、「Interspace」と呼ばれる不思議なアプリの開発プロジェクトに携わっており、フォローアップ事業は外部プロジェクトとして進めていく方針を明らかにしています。Source : Twitter

■関連記事
Mi MIX2のPhilippe Starckシグネチャーモデルが3,000台限定で発売
Google、海外向けのモバイル検索にオーディオブックの検索機能を導入
DxOがAndroid用のType-C外付けカメラ「DxO One」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。