体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10K画質が楽しめるようになる! 新規格「HDMI 2.1」発表

家電やPC、モバイル端末などのメーカーで構成するHDMI Forumは、映像や音声をデジタル信号で伝送する通信規格について、最新版「HDMI 2.1」を発表した。

10K(10240×4320ピクセル)画質、ダイナミックHDRをサポートし、また高速のフレームレートにより滑らかで明瞭な映像を楽しむことができるようになる。

・アクション映像もシャープに

現在、高画質といえばフルHDや4K。フルHD のピクセル数は1920×1080、4Kですら3840×2160だ。

それに比べていかに10Kの情報量が多いかがわかる。細部を拡大してもかなりクリアな映像となる。

また、映像のシャープさにはフレームレートが重要だが、新規格では8Kで60フレーム/秒、4Kで120フレーム/秒。スピードのあるスポーツ映像やアクション映画が明瞭映像で楽しめる。

・コントラストを最適化

加えて、新規格ではダイナミックHDRをサポート。どういうものかというと、黒はより黒く、白はより明るく表示するのでコントラストがかなり鮮明になる。

そしてダイナミックHDRではシーンごとにコントラストや明るさなどを最適化するのだという。

今回は規格の発表ということで新規格に準じたケーブル類が出てくるのはまだ先のことだが、ほどなく茶の間ですごい映像を見られるようになるのは確かだ。

HDMI Forum

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy