体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

The Willard、結成35周年スペシャルライブで ニューシングルを会場限定発売決定

インディーズという言葉が産声を上げ始めた1982年に結成し、2017年現在まで一度も留まることなく活動を続けたThe Willard(ザ・ウイラード)が、12月16日(土)に新宿BLAZEにて結成35周年の記念ライブを開催! “Day To Raise A Champagne Toast –Congrats! 35th Romancers Voyage & Christmas-“と題して、過去から現在までのWillardを余すところなく魅せるスペシャルライブとなっている。
The Willard (okmusic UP's)

周年ライブというと、とかく過去のメンバーやゲストなどを呼ぶアーティストが多い中、今回彼らはゲスト等は招聘せず、バンドの基礎であるメンバー4人のみの構成で開催するとのことで、バンドの中心であるボーカルのJunは「現在の最も素晴らしいと言える我々ならシンプルに4人の形がベストだろう、そういう判断をしたんだ。当夜はエッジの立ったソリッドなWillardを是非ご覧あれ!」とコメントしている。

そして、特筆すべきは、このライブにてニューシングルが会場限定で発売されること。「Sabrina / Swingin’ Shanghai」の2曲入り両A面扱いのこのシングルは、アルバム“Romancer”の流れを汲む、カーテンコールとも言うべき作品で、まさに35周年を飾るに相応しい自信作だ 。

今なお、独自の世界観を携える孤高のバンド、The Willard。ずっと彼らを追いかけていたリスナーはもちろん、かつてのインディーズ期に熱中した方、そしてまだ聴いたことのない方も、是非会場に足を運んで彼らのスケールの大きさを実感してほしい。
【結成35周年記念ライブ詳細】

『Day To Raise A Champagne Toast -Congrats! 35th Romancers Voyage & Christmas-』

12月16日(土) 新宿BLAZE

<チケット>

前売 ¥4,500 / 当日 ¥5,000(税込/ ドリンク別)
シングル「Sabrina / Swingin’ Shanghai」
2017年12月16日(土)発売

HEMI426S-01713/¥1,400(税込)

※会場限定発売

<収録曲>

1. Sabrina

2. Swingin’Shanghai
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy