体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリスチャン・ベイル、バットマン役復帰に1億ドルオファー? 米ワーナーは噂を否定

クリスチャン・ベイル、バットマン役復帰に1億ドルオファー? 米ワーナーは噂を否定

米ワーナー・ブラザースは、タブロイド紙で持ち上がっている、クリスチャン・ベイルにバットマン役として復帰するよう1億ドル(約112億円)をオファーしたという噂が「全くの作り話」だと批判した。

『OK!』は匿名の”情報筋”の話として、数年前にも『ダークナイト』シリーズでバットマン役を務めたベイルに再びバットマン役をオファーしたが断られたと伝えていた。「これで、彼ら(ワーナー)は、ベイルが実質的に断れない状態にさせた。多くの名前が挙がってきたけど、誰1人として、こんな額のオファーは受けていない」

しかし、オファーが無かったとすれば、ベイルも「ノー」と言うのは簡単だろう。ワーナーのスポークスマンはエンタメ系情報サイト『Gossip Cop』に、そんな情報は断じて間違っていると真っ向から否定したのだ(そもそも、クリスチャン・ベイルはまだバットスーツを着る準備ができていないはずだ)。

最近はバットマン役の交代に関する噂が広まっている。『ジャスティス・リーグ』は期待外れの結果になっており、ベン・アフレックはきれいな辞め方を模索していると発言。マット・リーヴス監督の単独映画、新『バットマン』にジェイク・ギレンホールの名が挙がっているが、筆者としては、このアイデアは全く問題ない。

クリスチャン・ベイルは以前も、バットマン役を再び演じるなんてことは絶対にあり得ないと、オファーを断っているが、今回その考えを翻したとしても、誰も彼を責める事は出来ない。ベイルがバットマン役を務めたクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』3部作は商業的に成功しただけでなく、批評家からも高い評価を得ている。次は、スタジオ側がノーラン監督に2億ドルのオファーを出した、なんて噂が出てくるかもしれない。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新キャラクターのポーグが、公開前にもかかわらず大人気!
ディズニー/ピクサー新作『リメンバー・ミー』、米国で好スタートも同時上映の『アナ雪』短編が長過ぎると不満続出
トム・ハンクスに向かっておなら!? ジョシュ・ハッチャーソンが子役時代の赤っ恥エピソードを告白
インディーズ映画の『Lady Bird』が『トイ・ストーリー2』を抜き、米映画評価サイトで史上最高得点を獲得
『ウォーキング・デッド 』飛行物体の謎に新展開、憶測広がる

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy