体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もっとかわいい民芸品があってもいいじゃないか!

もっとかわいい民芸品があってもいいじゃないか!

「今の住空間にダルマが合うと思う、女性は多いでしょうか?」

これ、「アクティ大門屋」という会社の社長の言葉。決してだるまを侮辱しているわけではない。だって、そもそも同社は群馬県高崎市にあり、140年以上も「高崎だるま」をつくり続けている会社なのだから。

では、同社がつくる民芸品にはどんなものがあるのだろうか?

もちろん、“だるま魂”が生きていることは間違いない。

マトリョーシカならぬ
「はりこーシカ®️」

もっとかわいい民芸品があってもいいじゃないか! 大きい招き猫から小さい招き猫がぽこぽこぽこぽこ。もっとかわいい民芸品があってもいいじゃないか!

こちらは、鯉のぼりバージョン。

 

かわいい……。

この商品は、張り子でできた同社の人気商品だ。でも、これだけでは、これらとだるまの関係は、なかなかピンとこないだろう。

300年の歴史をもつ「高崎だるま」
絶対に変えられないところは?

もっとかわいい民芸品があってもいいじゃないか!

ひとつ、「縁起物」としての要素をもつこと。

ふたつ、受け継いできた「張り子の技術」。

同社の社長いわく、だるまのこの2つは変えられないんだとか。冒頭のかわいい民芸品は、このだるま要素にもう一段階、独自の「ハリコイズム」が加わって生まれたというのだが。

世界的建築家 ブルーノ・タウトが
高崎に残したもの

もっとかわいい民芸品があってもいいじゃないか!

ICH LIEVE DIE JAPANISCHE KULTUR(私は日本の文化を愛す)

ドイツ生まれの著名な建築家、ブルーノ・タウト(1880〜1938)の言葉の碑が高崎に残っている。場所は少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)。タウトは、ナチス政権の台頭に身の危険を感じて日本へ亡命し、達磨寺で2年3カ月の歳月を過ごした。彼が高崎でつくったデザインは1000点以上。去り際に「八幡村(現在は高崎市)万歳、少林山万歳」と挨拶するほど、彼にとって高崎は特別な場所になったことが想定される。

タウトは国際的に高い評価を受けていた建築家だが、タウトがいくら偉大といえども、実際につくる人がいないとデザインは形にはならない…。ここでタウトと職人たちを結びつけたのが、当時高崎で進められていた民芸運動の中心人物であった水原徳言(1911〜2009)氏。タウトは何か思いつくたびに水原氏に相談し、それを受けた水原氏が“誰ならできるか”を考えて最適な職人に依頼していた。そして英語が分からない職人のために、必ず作品づくりに同行していたのだという。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy