体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手に持っているだけで落ち着く!? スワイプもできるスマホ模造品「Substitute Phones」

スマホはすっかり私たちの暮らしに馴染み、スマホを四六時中持っている読者も多いだろう。中には、特に用もないのについいじってしまう、という人もいるのでは。

そんな“スマホ中毒”の人のためにつくられたのが「Substitute Phones」。スマホを模倣してつくられたただのプラスティック製品だが、スワイプやピンチズームなどの指の動きができるというものだ。

・スピナー的存在

手に持って動かしていると落ち着くものとしては、スピナーなどのフィジェットがあるが、Substitute Phonesはそれに近いかもしれない。

手遊びの代わりにフィジェット、スマホをいじる代わりにSubstitute Phonesといえばいいだろうか。

・操作したい衝動をまぎらわす!?

スマホサイズのSubstitute Phonesには小さな石の列がついている。算盤の玉のように指で触るとクルクル動くようになっていて、ここでスワイプやズームイン・アウトなどの“操作”ができる。

もちろん画面はなく、スマホ操作を模擬体験できるだけ。それでスマホをいじりたいという衝動をまぎらわす、というのがこのSubstitute Phonesの存在意義なのだ。

Substitute Phonesはオーストリア在住のデザイナーKlemens Schillinger氏が手がけた。同氏のサイトを見ると、玉の配置が異なる5つのタイプがある。

価格などについての情報はないが、サイトにShopを設けるようなので、気になる人はチェックしてほしい。

Substitute Phones

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。