体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何度もお店に行っていろいろチェックした結果…欲しいチャイルドシートの優先順位がつけられた!

f:id:akasuguope01:20170819165941j:plain

退院時、車で退院する人は必ず必要になるチャイルドシート

私の住んでいる地域は車が必需品。

チャイルドシートは総じて値段の高いものが多いため、痛い出費ですが、毎日乗ることを考えると、レンタルという選択肢はありませんでした。

さらに、現在は多くのチャイルドシートが発売されており、たくさんあって悩んでしまいますよね。

「購入する時は、失敗できない…」と、私もたくさん悩みました。

まずは、情報収集からはじめました。

販売店へ行き、使い方も分からなかったため店員さんにレクチャーして頂きながらいろいろなブランドのチャイルドシートを見ました。

どれも最新のものは高性能で、値段の高いものばかり。「こんなに高いのか…」と絶望したのを覚えています。

ですが、「赤ちゃんの命を守る大切なチャイルドシート。妥協する訳にはいかない!」と思いました。

お店に行くのも一度だけでなく、何度も足を運んで、自分の目でみて確認しました。

私の時にはサンシェード付きのチャイルドシートが最新のものでした。

ですが、うちの場合はサンシェードを車内に直接取り付ける予定だったため、「不要」と考え、1つグレードを下げることができました。 関連記事:重視したのはリクライニング!チャイルドシートで気持ちよさそうに寝てくれます

次に、使い勝手の良さ。

高性能で最新のものでも、複雑で使い勝手が悪いのは…。

そこで、実際にカーシートに模した椅子に取り付けてみたり、回転のできるものはレバーが回転しやすい場所に付いているか……などさまざまな角度からチェックさせていただきました。

多様な種類のチャイルドシートを見ているうちに、私の心の中にひとつのこだわりが生まれました。

それは、「回転もできて新生児期に寝かせられるようなチャイルドシート」。

寝かせられるチャイルドシートは、私の時には1つのブランドしかなく、それに自然と心が傾いていきました。

ですがそこで問題が発生しました。最新式のチャイルドシートは大きくて、かさばってしまうということ。

私の乗っていた車は普通車ですが少し小さめだったため、なるべくコンパクトなものが良いと思いました。

そこで見つけたのが最新式よりも3つほど型落ちしたチャイルドシート。

最新式に比べると機能は落ちますが、使い勝手は悪くなかったため、それに決めました。

実際、新生児期には寝かせたまま車に乗せられたので、本当に使いやすく、赤ちゃんにも負担なく使用できたかなと思います。 関連記事:どう選ぶ?価格重視?わが家が選んだ新生児対応チャイルドシートはコレ

新生児期に使用する際には、使用方法を良く確認しておくことが大切だと思いました。

私の場合、産院を退院する際、看護師長さんが車に乗るまでずっと見守っている時間があったのですが、手際よくいかず、わたわたと時間もかかってしまったからです。

出産前に使用方法をしっかり確認しておくといいと思います。

f:id:akasuguope01:20170819165217j:plain

著者:aoaya

年齢:27歳

子どもの年齢:0歳

現在は妊娠・出産を機に仕事を退職。専業主婦として0歳の子どもを育てています。また現在、年子になるBabyを妊娠中。子育て&妊婦ライフを同時に楽しんでいます。楽しいことが大好きで、何事も楽しくできるようポジティブに考えるようにしています☆よろしくお願いいたします☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

重視したのはリクライニング!チャイルドシートで気持ちよさそうに寝てくれます
買う?借りる? 週1回しか使わない車のチャイルドシートはどうしよう?
どう選ぶ?価格重視?わが家が選んだ新生児対応チャイルドシートはコレ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。