体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世にも奇妙な心霊スポット!?久米島のおばけ坂に行ってみた【世界の謎】

科学の発達や情報の拡散が目覚ましい現代においても、未だ明かされない世界の謎。国内外のミステリースポット、心霊スポット、諸説あるもののはっきりとは謎が明かされない遺跡や文化、不思議な現象などなど。

年の瀬がせまり、なんだか落ち着かない気分になっているあなたに、つかの間非日常にトリップする記事を1週間毎日お送りいたします!

TABIZINE「世界の謎」特集、どうぞお楽しみください。

世にも奇妙な心霊スポット!? 久米島のおばけ坂に行ってみた
沖縄本島から西へ100km、飛行機で約30分のところにある久米島。サンゴ礁のリーフに包まれ、スカイブルーやコバルトブルーに色を変える澄みきった海、どこまでも続く白砂のビーチ・・・ そんな南の島の美しい光景が広がる島内で、心霊スポットとして知られる“おばけ坂”が、ひっそりと人の訪れを待っていた!

シマンチュの誰もが知っている久米島一のミステリー

世にも奇妙な心霊スポット!? 久米島のおばけ坂に行ってみた
久米島一の心霊スポット「おばけ坂」。シマンチュで知らない人はいないといわれるほど、超有名なスポットです。そこを訪れた者は悪霊にとりつかれ・・・ なんてことにならないよう願いながら、久米島を一周する道路、県道242号線を北上します。

世にも奇妙な心霊スポット!? 久米島のおばけ坂に行ってみた
仲地集落を過ぎて、具志川エリアに入る前、右手に「おばけ坂」の標識が現れます。脇道に入り約700m車を走らせると、ココだと示すおばけ坂の看板が! サトウキビ畑が広がる中に、突如現れる薄暗い坂道。熱帯植物で覆われた約50mの区間が、世にも奇妙な「おばけ坂」だというのです。

坂の途中で大きな悲鳴が! いったい何が起こったんだぁ!!

世にも奇妙な心霊スポット!? 久米島のおばけ坂に行ってみた
「何の変哲もない下り坂じゃない!」「だからこそ突如何かが現れるんだよ!!」と、期待!? と不安を胸に車をゆっくりと進めます。坂の途中まで来たときです。ちょっと待って! 車を止めてギアをニュートラルに、「うわぁぁぁ~!」。白い無数の手がフロントガラスに・・・なんてことはありませんが、下ってきた坂道を車が勝手にバックで上りだしたのです。

世にも奇妙な心霊スポット!? 久米島のおばけ坂に行ってみた
これが久米島一のミステリースポットおばけ坂の正体! 呪われたりしないのでご安心を。見た目は下り坂なのですが、実は上り坂で、車を途中で停止させると、見た目とは逆方向に動いてしまうという不思議な坂なのです。

高校教師が偶然発見! ミステリーに包まれた謎の真相

世にも奇妙な心霊スポット!? 久米島のおばけ坂に行ってみた
このおばけ坂。1990年ごろ、植物の採取をしていた高校教諭が、坂の途中にニュートラルで止めた自分の車が、上り坂を進んでいくのを見て偶然発見したのだとか。その当時は、この超常現象は解明できず、おばけの仕業だと新聞にも取り上げられるほど話題になったそう。今となっては、周りの風景や勾配などで錯覚を起こす「縦断勾配錯視」といわれています。

世にも奇妙な心霊スポット!? 久米島のおばけ坂に行ってみた
な~んだぁ! と思われた方、この話にはまだ続きがあります。このおばけ坂、宇江城の中腹にあるのですが、その昔、城を守る宇江軍が一斉に巨石を転がして敵軍を退散させ、多くの兵士が命を落としたそうです。古戦場としての側面もあるおばけ坂。そのときの霊魂がいまだ彷徨っているという噂も。

確かにサトウキビ畑の中、この一角だけ草木が生い茂り、冷たい空気が流れています・・・ おばけ坂に行くときは、ボールやビー玉など、転がりやすいものを持っていくことを忘れずに。ただし、交通ルールはしっかり守って超常現象を体感してください。

◆おばけ坂◆
【住所】沖縄県島尻郡久米島町具志川
【見学時間】見学自由
【アクセス】久米島空港より車で約11分
【HP】久米島観光協会サイト

[All Photos by tawawa] 

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy