体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北欧市・豆皿市 & 箸置き市も同時開催!今週末は「第4回関西蚤の市」

nominoichi_kansai_4th_01

手紙社が選りすぐった約130組が集結

2017年12月2日(土)・3日(日)の2日間、兵庫・宝塚の「JRA阪神競馬場」にて、「第4回関西蚤の市」が開催されます。

「もみじ市」や「東京蚤の市」などを主催する手紙社が日本全国、さらにはイギリスやフランスから選りすぐった作家やお店が会場に集結。アンティークの家具や道具、古書、古着、花そしてフードなど、その数約130にも上る店舗が軒を並べます。

クリスマスマーケットのような雰囲気が毎回人気の「関西北欧市」が今回も同時開催。ファンが多い「豆皿市」はラインナップに「箸置き」が加わり、「関西豆皿市 & 箸置き市」として行われます。

会場に並ぶクラフトアイテムなどを眺めていて「作りたい欲」に火がついたら、「豆ほうき」や「真鍮&シルバーリングと髪留め」などを作るワークショップに参加されるのがオススメ。ほとんどが当日受付で、小さなお子さまも体験可能なものもあります。

会場内の各所では、アーティストによるライブ、パフォーマンスなどが行われ、その場に居るだけでも楽しい空間となるはずです。手紙舎が贈る、2017年を締めくくる蚤の市にご期待ください。

▽昨年開催時の様子

nominoichi_kansai_4th_02 nominoichi_kansai_4th_04 nominoichi_kansai_4th_05 nominoichi_kansai_4th_06 nominoichi_kansai_4th_07 nominoichi_kansai_4th_08 nominoichi_kansai_4th_09 nominoichi_kansai_4th_10 nominoichi_kansai_4th_11

第4回関西蚤の市

会期:2017年12月2日(土)・3日(日) 9:00~16:00

会場:JRA阪神競馬場/兵庫県宝塚市駒の町1-1

入場料:200円(競馬場共通)

詳細:http://tokyonominoichi.com/kansai/2017_winter/

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

暮らしの中の美を考える「ケの美」展、14名のクリエイターが参加
18世紀から現代までの作品、国内初の本格的な「デンマーク・デザイン」展、開催中
ポストモダン尽くし「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展、SOMEWHERE TOKYOにて開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。