体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリメッコの現在を支えるデザイナー展「マリメッコ・スピリッツ」開催中

ggg_0001 告知デザイン:AD新村則人 / D庭野広祐

パターンデザイン:マイヤ・ロウエカリ

“JAPAN”をテーマにした新作パターンも披露

2017年11月15日(水)から2018年1月13日(土)まで、東京・銀座の「ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)」にて、「マリメッコ・スピリッツ ― パーヴォ・ハロネン / マイヤ・ロウエカリ / アイノ=マイヤ・メッツォラ」が開催されています。

これまで数多くの才能あるデザイナーを発掘してきたフィンランドのライフスタイルブランド・Marimekko(マリメッコ)。その現在を支えるデザイナーの中から、Paavo Halonen(パーヴォ・ハロネン) 、Maija Louekari(マイヤ・ロウエカリ) 、Aino-Maija Metsola(アイノ=マイヤ・メッツォラ)の3名に着目し、その創作活動に迫る展示です。

マリメッコでの代表パターン各4点をはじめ、彼らのオリジナル作品やインタビューなどを通して個性を紹介しながら、ブランド創立から65年以上もの間受け継がれてきた彼らに共通する“マリメッコの精神”とはどんなものなのかを探ります。

3名ともフィンランド生まれフィンランド育ちで今回が初来日です。そこで「JAPAN」をテーマに創作した新作パターンも披露。彼らのデザインが高度な技術と情熱を持ったマリメッコの専門家たちの手によってパターン化され、生地として完成する工程の一端も紹介されます。

三者三様の彼らのクリエイティブな感性に触れてみてください。

Marimekko-Spirit_02 Paavo Halonen(パーヴォ・ハロネン)

左:Torstai (2016)

右:Ruusuruoho (2016)

Marimekko-Spirit_03 Maija Louekari(マイヤ・ロウエカリ)

左:Veljekset (2016)

右:Siirtolapuutarha (2009)

Marimekko-Spirit_04 Aino-Maija Metsola(アイノ=マイヤ・メッツォラ)

左:Kuuskajaskari (2012)

右:Juhannustaika (2007)

マリメッコ・スピリッツ ― パーヴォ・ハロネン / マイヤ・ロウエカリ / アイノ=マイヤ・メッツォラ

会期:2017年11月15日(水)~2018年1月13日(土) 11:00~19:00

※日曜・祝日・12月28日(木)~1月4日(木)休館

会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)/東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F・B1

入場料:無料

詳細:http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

暮らしの中の美を考える「ケの美」展、14名のクリエイターが参加
18世紀から現代までの作品、国内初の本格的な「デンマーク・デザイン」展、開催中
ポストモダン尽くし「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展、SOMEWHERE TOKYOにて開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。