体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JSB今市、番組中にテンションが上がった理由は?

JSB今市、番組中にテンションが上がった理由は?
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(木曜担当ナビゲーター:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 今市隆二)。11月30日のオンエアでは、今市が不意にテンションが上がる瞬間が…。

それはリスナーからのメールに答える時間での出来事。リスナーから届いたメールを読み上げる今市でしたが、そのメールがこちら。

「隆くん、お疲れ様です! いつも楽しく拝聴しています。今年も年末に差し掛かり、忙しい時期になってきました。年末の恒例行事といえば忘年会がありますが、いろいろなお付き合いのある今市くんはかなりの数に出席するんですか? また、『SPARK』ナビゲーターの忘年会ってあるんですか? あれば楽しそうだな、なんて思ってます」

…という普通に見えるメールですが、読み終えた今市は、このリスナーのラジオネームも含めて何かに気付いた様子。そして「(このリスナーは)多分、自分の地元の友達でですね…」という驚きの発言!

「すごい前に、自分の地元で『SPARK』が大好きなリスナーがいるって話をしたんですけど。やっとここで読めることになりましたね!」と大きく笑う今市。「メッセージ読んでて、『なんとなく距離が近いなあ…』なんて思いながら(笑)、ラジオネーム見たら! もうねえ…やっと。よくぞここまで来てくれたわ!」と喜んでいました。

そんなに頻繁に会う間柄でもないものの、以前会った時に「メッセージ送るから読んでね」と言われていたのだとか。リスナーからのメッセージは、今市の手元に届くまでに番組スタッフのチェックがあるのですが、「言っちゃえばそこで第一次オーディションですよ。そこを突破してやっと自分の手に届きましたね…。もうねえ、嬉しいわこれ!」と地元の友達からのメールを番組で紹介することができたことに感動していました。

質問に関しては「内容に関してはもうどうでもいいね(笑)」と言っていましたが、忘年会は、スケジュールが合えば番組スタッフたちとできるのではと予想でしているそう。「もしできた時は、またその時にお話しできればなと思います!」と結んでいました。

この日の放送では他にも、今市自身の今年の流行語も明かされていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy