体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android TVがGoogleアシスタントのルーム割当に対応した模様

Google アシスタントに備わっているルーム機能に Android TV 系デバイスが対応したようです。Google アシスタントでは様々なスマートデバイスにルームを割り当てることができます。このルームを利用すると、Google アシスタントへの指示をルームごとに実行することができるのです。例えば、あるルームに複数のスマート LED 照明が割り当てられている場合、ルーム名を指定して照明を消すと指示すると、そのルーム内にある全ての照明が消灯します。また、自宅に複数のテレビがある場合、機器名ではなくルーム名でもコントロールすることができます。これまで Android TV はルームへの割当に対応していませんでしたが、最新の Google Home アプリは Android TV にルームを割り当てることができるようです。しかし現時点では、全てのデバイスがこれに対応しているわけではないようです。少なくとも SHIELD TV は可能です。Source : Android Police「Google Home」(Google Play)

■関連記事
立教大、スマホのGPSをキャンパス案内に活用した受験生向けの公式アプリをリリース
AbemaTVのアプリがビデオの連続再生に対応
Google Play、アプリの収益化のためにロック画面に広告を表示することを禁止に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。