体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」

沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」

僕が「北谷」←この漢字の読み方を知ったのは中学生のとき。高校バスケの名門「北谷高校」をきっかけに、なんとなく気になる地名のひとつになっていました。
ちゃたん——。なんだか、かわいい響きです。

これまでは、サンセットビーチやアメリカンビレッジ、旧 海岸倉庫とか、いわゆる “アメリカンカルチャーの街” というイメージだったんですが、今回の取材で少しくつがえされました。

9月にオープンしたばかりの「AIEN Coffee and Hostel」が、毎日通いたくなるレベルで心地よかったんです。

「合縁奇縁」が
ありますように。

沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」

朝は、7:00からオープン。土地柄、外国人のお客さんも多いです。

でも驚くべきは、その安さでした。TOAST、EGG、BACON、SALADにCOFFEEまで付いた「AIEN PLATE」が500円。

こういうイケてるお店にありがちな「あ、でも値段はそれなりにするんですね…」といった不意打ちはありません。CHICKEN STEAK付きの「KIEN PLATE」でも850円なので、ブランチとして朝からガッツリいきたい人でも大丈夫。沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」

お店の名前は、フシギなめぐり合わせを意味する「合縁奇縁(あいえんきえん)」に由来。

砂辺エリアの旧海岸倉庫をリノベーションした「カフェ&ホステル」というスタイルになっていて、沖縄でも初なのだそう。

「仲間同士で立ち上げた」とは言うものの、それぞれバリスタや料理人、世界をバックパックで回った宿泊業のプロなどが揃っていて、この地でさまざまな人たちの縁を生んでいるんです。

歩いて3分で海岸
コーヒーはテイクアウトで。

沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」沖縄・北谷の街をアップデートするカフェ「AIEN」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。