体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LACCO TOWERの“松川ケイスケと真一ジェット”、中田裕二を迎えて高崎&渋谷ワンマン

LACCO TOWERの“松川ケイスケと真一ジェット”、中田裕二を迎えて高崎&渋谷ワンマン

LACCO TOWERの松川ケイスケ(Vo)と真一ジェット(Key)によるユニット、松川ケイスケと真一ジェット。不定期で活動していたこのユニットが、2018年から本格始動する。

そして、2月23日(金)に群馬・高崎コアホールで、3月3日(土)に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで、同ユニットのワンマン・ライヴが決定した。

〈名うての唄ひ手〉と名付けられた2公演は、両日ゲストとして中田裕二の出演がアナウンスされている(※Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE公演は夕方・夜の2回公演)。

チケットは12月2日(土)12:00~12月4日(月)23:59までの3日間、FC先行という形で予約受付が開始となる。〈I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER〉にも出演が決まっている彼らの動向、ぜひ注目してほしい。(雄)

■LACCO TOWER 松川ケイスケ(Vo) コメント
「僕が所属するLACCO TOWERは今年で15周年を迎えたバンドです。その長くめぐる季節の中で、LACCO TOWER自体がなかなか活動を出来ない時期がありました。その時期に引き寄せられるように始めたのが、この松川ケイスケと真一ジェットです。そんな流れから生まれた産物が、こんな風にホールツアーをやらせていただけるとは夢にも思っておらず、感涙で前が曇っております。

しかも今回、私の数少ない完全プライベートの友人であり、同じミュージシャンとしては先輩であり、ある種恋焦がれていた名うての音楽家、中田裕二氏と共に開催させて頂く運びとなりました。
中田氏の人柄、そして声、その色香とともに、我々の演奏が皆様に届き、素晴らしい1日となる事を夢見ております。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

最後に。
一人の友人として、中田裕二氏に深く御礼申し上げます」

〈松川ケイスケと真一ジェット ワンマン公演 名うての唄ひ手〜高崎博〜〉
2月23日(金) 群馬 高崎コアホール
開場:18:30 / 開演:19:00
前売り:¥4,000 ※全席指定
出演:松川ケイスケと真一ジェット
ゲスト:中田裕二

〈松川ケイスケと真一ジェット ワンマン公演 名うての唄ひ手〜渋谷博〜〉
3月03日(土) 東京 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
【第1回公演】開場:15:30 / 開演:16:00
【第2回公演】開場:18:30 / 開演:19:00
前売り:¥4,000 ※全席指定 / ¥3,800 ※立ち見席
出演:松川ケイスケと真一ジェット
ゲスト:中田裕二

・オフィシャルファンクラブ『猟虎塔』チケット先行 ※受付期間:12月2日(土)12:00~12月4日(月)23:59
http://lacco-to.club/

・LACCO TOWER オフィシャルサイト
http://laccotower.com/

LACCO TOWERの“松川ケイスケと真一ジェット”、中田裕二を迎えて高崎&渋谷ワンマン

中田裕二

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy