体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネズミ捕りのスピード違反は逃げたらどうなる?

ネズミ捕りのスピード違反は逃げたらどうなる?

ネズミ捕りのスピード違反から逃げ切れたりするかどうかは、結論からいえば抵抗するのは止めておくべきです。ネズミ捕りがどういった人員配置で行われているかを知れば、その答えは一目瞭然。ネズミ捕りでは通常、追いかけて捕まえるためにパトカーや白バイを周囲に待機させているからです。

ネズミ捕りのスピード違反は5班

ネズミ捕りとは、有人式のスピード取り締まりのこと。ネズミ捕りは所轄の交通課に加えて、交通機動隊の白バイ隊員も実施するので対処が難しい取り締まりです。複数の警察官を動員して、華麗な連携プレーで獲物を効率的に捕獲していきます。

ネズミ捕りの構成は「現認係・停止誘導係・記録係・取り調べ係・追跡係」の5班体制です。このうち、現認係は速度測定地点で待機。残りの4班は、サイン会場と呼ばれる場所に待機しています。

現認係は、レーダー式もしくは光電式の速度測定装置の背後の物陰に潜み、ヘッドセットを装着してスタンバイ。設定値以上の速度でクルマが通過すると、ヘッドセットで「ピー」音が鳴るので、すぐさまサイン会場に対象車両のナンバー、クルマの種類、色などの特徴を無線か有線で伝えます。

とはいえ「ピー」音を確認してからクルマの特徴を把握していては間に合いません。スピード違反をしそうなクルマは目処をつけ、即座にナンバー・車種・乗車している人間の特徴を把握しています。

ネズミ捕りでは追跡係を配置する

サイン会場にはスピーカーが用意されていて、こちらも同時に「ピー」音が鳴り、直後に現認係の報告が響き渡る仕組み。停止誘導係は「止まれ」と書かれた手旗を使って違反者を止めて駐車スペースに誘導します。そして、ドライバーに免許証と車検証を持って取り調べ係のところに行くように伝えるのです。

プリントアウトされた測定速度や日時が印字された用紙を取り調べ係のところに持っていったり、ドライバーに確認させたりするのは記録係。取り調べ係は、スピード違反の事実を認めさせキップを切ります。

そして、ネズミ捕りでは停止係の制止を振り切って逃げるスピード違反のクルマがいることが予想されるため、追跡係を配置するのが普通。追跡係が追いかけて捕まえるためにパトカーや白バイを周囲に待機させているです。

追跡係は多くの場合、停止誘導係が兼任しています。もちろん、逃走すれば赤色灯を回した白バイやパトカーに追われることになるのです。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。