体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メイプル超合金の安藤なつさんも舌鼓 イトーヨーカドーの2018年おせち発表会に行ってみた

メイプル超合金の安藤なつさんも舌鼓 イトーヨーカドーの2018年おせち発表会に行ってみた

 街はクリスマスのセールが始まってますが、そろそろお正月の準備も気になる今日この頃。イトーヨーカドーの2018年おせちの発表会が行われました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2018年のラインナップはバラエティ豊か。伝統的なものだけでなく、洋風のものや、地方色豊かなもの、また夫婦2人でちょうどよく食べられる分量のものなど、様々なニーズに応えられるものになっています。会場のディスプレイは、一足早く新年を迎えたような華やかなもの。




 発表会には「よくばりおせち二段重」(1万5800円)を監修した料理研究家・浜内千波さんが登場。2018年のおせちに込めた思いと、各メニューのポイントについて語りました。

 伝統を大事にしつつも、新しいもの、そして浜内さんが普段から重視している健康的な品がたっぷりお重に詰め込まれています。酢レンコンは、ボルシチにも使われる赤いビーツで色をつけているとか。他に、素材の色を大事にした塩煮しめや、コラーゲン入り酒と野菜のテリーヌなども。また、栗きんとんはポイップクリームを使ったアングレーズソース風になっているために味わいが軽く、洋風のスイーツ感覚で味わえるそうです。さらに、浜内さんの故郷である徳島県の銘柄鶏である「阿波尾鶏」を使ったメニューも入っています。


 ゲストで登場したメイプル超合金のお2人も、豪華な見た目に興味津々。試食では「おいしい!」と感動の声を上げていました。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。