体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スターウォーズの世界を再現!日産、LAモーターショーで映画に着想を得た6台のスペシャルマシンを公開

世界中が待ち焦がれるスターウォーズシリーズの最新作「エピソード8 /最後のジェダイ」。近日の公開に向けて、さまざまな関連商品が市場を賑わせている。

日産が発表したのは、新作映画を元に開発した6台のスペシャルエディション。作品に登場するキャラクターやマシンに着想を得た車が、現在開催中のロサンゼルスモーターショーで公開された。

・ウィングやドロイド搭載で世界観を表現

6台の車のベースとなるのは、アメリカで最も人気のある同社製モデル、X-TrailとQashqai、Altima、Maxima。それぞれのコンセプトは、映画のキャラクターや、戦闘機などに基づいている。

日産はルーカスフィルムの協力の下、今回の車体を開発した。同スタジオのアーティストが、Industrial Light and Magicとともにコンセプトを考案。その後、カリフォルニアのVehicle Effects社によって、実際の車に変身させたという。完成品は、画像のとおり。ウィングを実装したり、オンボードにドロイドBB-8を載せたりと、細部にわたって映画の世界を再現。ファンならずとも、歓声を上げそうな出来栄えだ。

・一般販売はなし

同社は過去にも、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」をイメージした車を発表している。このときのベース車体はX-Trailで、ボディに銀河帝国と反乱同盟軍のロゴを描いた他、スターウォーズのロゴキックプレートも施してあった。

前回同様、一般販売はなしだ。当然と言えば当然だが、映画ファンとしてはぜひとも、本物を見たいところ。ここは潔く、ロサンゼルスまで出向くしかないだろう。

souce by autocar.co.uk

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。