体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽番組「LOVE or NOT♪」、今市隆二と共演するバンドを募集!

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二が初MCを務める音楽番組「LOVE or NOT♪」が、2018年2月に公開収録イベントを開催することが決定! さらに近日詳細が公開される同イベントでは、今市隆二とステージに立ってパフォーマンスを披露するバンドメンバーを募集することも明らかになった。バンドメンバー募集はプロ・アマ・年齢・性別問わず、12月31日まで募集を受け付けているので、気になった方は「LOVEorNOT♪」の情報ページ、またはオフィシャルTwitterをチェックしてほしい。
LOVE or NOT♪ キービジュアル (okmusic UP's)

■「LOVEorNOT♪」バンドメンバー募集 詳細ページ

http://dreamfactory.video/web/event/detail/32/

■「LOVEorNOT♪」オフィシャルTwitter

https://twitter.com/loveornot_music
音楽番組「LOVE or NOT♪」第12回は 露崎春女がゲスト回より 未公開トークSPをお届け

また、ベッキーとともに毎回ゲストを迎えて“LOVE”と“MUSIC”をテーマにトークを繰り広げ、今市自身の音楽観も語りながらゲストの魅力を引き出していく同番組の第12回が12月1日よりdTVとFODで同時配信を開始した。今回は露崎春女がゲストの回より未公開トークSPをお届け。今市のデビュー当時と今の音楽の向き合い方や普段のトレーニング方法も語られている。
今市、デビュー当時と今について語る

今市から露崎にデビュー当時と今で音楽の向き合い方で変わったことはあったかと聞くと、

「デビュー2年間の修行で曲を書くことを学んで、自分なりに音楽を作っていった」と話し、

さらに「20年続け、歌手っていう目線だけではなく、自分でプロデュースをするっていうことができるようになった。」と語っている。

今市も同じ質問に対し、「デビュー当時は、与えられたものを歌うのみではなく、アーティストとして発信する気持ちが強いので、聞いてくださる方を考えて歌うっていうのはありますね。変な歌詞とかは掛けないな~とは思いますね。もし変な影響を与えちゃったらっていうのもあるので。」と聞いてくれるファンを考えていることを語っている。

さらに露崎から「最初に歌詞を書いた時、すごいはずかしくなかったですか?」と聞かれると「やばかったです。恥ずかしいですよね。」と話すが、ベッキーは「歌詞だから恰好づけられるし、本当のことも書けるし、嘘も書けるし…どこから本当でどこからフェイクかわからないから。」と話し、露崎と今市は驚く。今市は、最初から自分のこと、普段いわないことを書いたのではずかしかったと語り、初心に帰り微笑むシーンも。
作詞をする場所について

どこで書くことが多いのかという質問に、「煮詰まったら外に出るけど、基本はデスクに向かいますね。」と語る露崎と同様に、今市も「街歩いていたら降ってくるとかも言われますけど、机に向かわないとできない!」と語っている。

「どんな部屋でやってますか?」と聞かれると今市は、「作業部屋みたいなものがあって、仮でレコーディングができる部屋があって、キャンドルなどで雰囲気を出して夜、書いてます。」と語り、その中で露崎やベッキーから「ちっちゃ!買い換えましょ!」とリアクションされるほど、小さなデスクで書いているということも語っている。

露崎は、「寝てる間にも歌詞を書いていて、眠気眼で書いている」と話し、通称睡眠作曲法で作詞していることも語られている。
歌声を保つためにやっていること

22年間アーティストとして活動をする露崎に、今市が歌声を保つためにやっていることを質問。露崎は、精神面も筋力トレーニングやマッサージまでメンテナンスをしているというが、今市は、「寝る時は必ずマスクをしたりとか、あとは最近出たポンプ式の鼻うがいできれいに洗っている。」と普段のメンテナンスについて触れる場面も。
健康の要は“腸”!?

ベッキーから露崎へ歌を歌うために気を付ける健康法についても触れられ、露崎は、「第2の脳と言われる腸の具合が悪くなるとすべてが悪くなるので大事にしている。」と話すと、ベッキーが「私、腸のことを考えて毎日生きてる!!」と語り、露崎に同調。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy