体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Snapdragon 845の主要なスペックが伝えられる

Qualcomm が来年にも発表すると見られている次世代のフラッグシッププロセッサ「Snapdragon 845」の主要な部分に関する新たな噂が伝えられました。Snapdragon 845 は、私たちが今使っている Xperia XZ1 や Galaxy S8(日本モデル)、AQUOS R などに組み込まれている Snapdragon 835 の後継モデルであり、次世代のスマートフォンのメインプロセッサとして活躍することが期待されています。噂によると、Snapdragon 845 は TSMC の 10nm Low Power Early(LPE)プロセス技術によって製造されることになっており、Samsung は既に 10nm Low Power Plus(LPP)での SoC 量産を始めたことから、電力効率やパフォーマンスの面で Exynos 9810 よりも弱いと見られています。しかし、CPU コアは ARM の新しい Cortex-A75 に基づく第三世代 Kyro コアにグレードアップし、GPU も AR と VR に最適化された次世代の Adreno 630 を採用。さらに通信モデムは X20 と呼ばれる下り最大 1.2Gbps のスループットに引き上げられたものを搭載すると言われています。Snapdragon 835 と比較すると大幅に進化しているようですが、これらの情報はまだ噂レベルのもので、真実なのかどうかは分かっていません。Source : Weibo

■関連記事
Google、「Daydream View」を12月13日に国内発売
Android版「Microsoft Edge」が正式リリース
ドン・キホーテと湖池屋、スマートフォンを操作しながらでも手を全く汚さずに食べられるポテト菓子「ONE HAND POTECHI」を共同開発

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。