体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小沢健二、映画『リバーズ・エッジ』の主題歌制作を担当

『へルタースケルター』など岡崎京子の作品群の中でも、とりわけ最高傑作との呼び声が高く熱狂的な支持を集め続ける『リバーズ・エッジ』がついに映画化され、2018年2月に公開。小沢健二が、同作の映画主題歌を「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を書き下ろしたことが発表された。小沢が映画主題歌を書き下ろすのは初めてとのこと。
小沢健二 (okmusic UP's)

かねてより岡崎京子と親交があり、その固い絆で知られる小沢健二へ映画製作サイドから主題歌提供を依頼したところ快諾、夢のタッグが実現したという。小沢健二にとっては本作が初の映画主題歌でもあり、今回の楽曲にはメインキャストである二階堂ふみと吉沢亮が参加していることも併せて発表された。また、歌詞全文が同時に小沢健二のオフィシャルサイト“ひふみよ”にアップされており、音源の解禁・発売に関しては未発表のため、まずは歌詞を噛みしめながらどのような楽曲なのか想像を膨らませつつ続報を楽しみに待っていてほしい。
【コメント】

■二階堂ふみ

「まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲と聴きました。『リバーズエッジ』へと導く小沢さんの唄は、懐かしい新しい、現在進行形の作品だと思います」

■吉沢亮

「映画のラストでこの曲が流れて来た時、大切な何かが過ぎ去っていくのをただじっと見守っているような、切なさと温かさが入り混じった感覚に自然と涙が流れました。初めてデモを聴いた時から今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています」

■行定勲監督

「映画の終わり方として、何かひとつの時代性の総括がほしいと思っていました。「あの時代はなんだったのか」ということを語るのに、岡崎京子を一番理解している人間はメロウじゃなくて感傷的じゃなくて、ものすごく爽やかなんだと。だからこんなにも力強いんだって。僕たちの予想を軽々と裏切ってくる楽曲をとてもすばらしく思いました」
 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。