体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

坂本 九による「心の瞳」が家族のコーラス入りでシングル化&ベスト盤も同時発売

日本で唯一の全米ナンバーワン獲得歌手・坂本 九の遺作となったシングル「懐かしきlove-song」のB面として発売された楽曲「心の瞳」。当時の録音を現代の最新技術でよりあたたかみを感じるように蘇らせ、妻・柏木由紀子、長女で歌手の大島花子、次女で元宝塚の舞坂ゆき子の家族3人がそこにコーラスを重ねるという感動的なトリートメントを施し、12月6日(水)よりシングルとしてリリースされる。同曲は2017年で12回目の開催となる柏木由紀子、大島花子、舞坂ゆき子による『クリスマス・ファミリーコンサート』で坂本 九の歌声と重ねて披露しており、三十三回忌を迎える2017年のクリスマスに向けてコーラス入りバージョンとしてのリリースが決定し、“究極の家族愛”が感じられると発売前から評判となっている。
シングル「心の瞳」 (okmusic UP's)

坂本 九が「心の瞳」のレコーディングをしたのは事故で亡くなった1985年。当時の坂本は最愛の妻で女優の柏木由紀子に「この曲は僕たちのことを歌ったような曲だよ!ユッコが聞いたら泣いちゃうよ!」と伝えていたという。葬儀のときに、この曲を気に入った長女の花子が“いつかパパの伴奏をしたい”と練習していたピアノを弾き、歌声と重ねた映像もあり、テレビでは一度も歌うことのなかったこの曲を家族はなにより大切に思っていた。

また、三木たかし作曲、荒木とよひさ作詞によるこの曲はB面曲であったにも関わらず多くのアーティストにカバーされ、長い年月を経て中学の音楽の教科書に掲載されるなど合唱曲としても広く知られていることから、今作には“合唱バージョン”も録音されているので、こちらも注目だ。

さらに、三十三回忌を期して新たに編成されたアルバム『ベスト~心の瞳』も同時リリースとなる。同作にはこれまでオフィシャルに使用されたことのないレアな写真や、家族写真も織り込み、「上を向いて歩こう」は2013年に制作されたSTEREO VERSIONで収録される。もちろん上記の「心の瞳(コーラス入り)」も含んだ、全21曲というたっぷりな内容となっている。

そして、12月7日(木)に銀座ヤマハホールで開催される家族3人のクリスマス・コンサートでは、「心の瞳」の最新バージョンを初披露するとのことなのでお楽しみに。また、今回のリリースを受けての柏木由紀子のコメントが本人ブログにて公開されているので、こちらも見てみてほしい。

■柏木由紀子 ブログ

https://ameblo.jp/yukikokashiwagi/
シングル「心の瞳」
2017年12月6日発売

UPCY-5055/¥1,200(税込)

<収録曲>

1.心の瞳(コーラス入り)

2.心の瞳(合唱ヴァージョン)

3.心の瞳(カラオケ)

坂本九が晩年もっとも大切にしていた歌、「心の瞳」。現在は教科書にも掲載され、合唱曲にも取り上げられている重要曲を、新たにコーラスやストリングスを追加した“コーラス入り”と、横山潤子編曲/相澤直人指揮による“合唱バージョン”で収録。
アルバム『ベスト~心の瞳』
2017年12月6日発売

UPCY-7456/¥2,160 (税込)

<収録曲>

1.上を向いて歩こう(STEREO VERSION)

2.見上げてごらん夜の星を

3.九ちゃんのズズンタタッタ

4.ステキなタイミング

5.カレンダーガール

6.一人ぼっちの二人

7.明日があるさ

8.東京五輪音頭

9.幸せなら手をたたこう

10.ともだち

11.涙くんさよなら

12.レットキス(ジェンカ)

13.エンピツが一本

14.そして想い出

15.マイ・マイ・マイ

16.親父

17.君が好き

18.ヨイトマケの唄

19.太陽と土と水を

20.さよならさよなら

21.心の瞳(コーラス入り)
『Christmas Concert 2017』
12月07日(木) 東京・ヤマハホール

開場18:00 開演18:30

出演:坂本 九(特別映像出演)、ママ・エ・セフィーユ(柏木由紀子・大島花子・舞坂ゆき子)

<チケット>

S席¥8,500 A席¥7,500 B席¥6,500

※すべて税込、全席指定
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。