体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【感動】フィフィの手作り料理が大絶賛! 母親の味を思い出させる本格さに「料理本を書いてほしい」との声も

01

エジプトの出身で主に日本で活躍するタレントのフィフィさん。Twitterを使って本音を隠さずに行うツイートが人気を集め、2017年7月現在で26万人を超えるフォロワーを集めている。

・手作り料理が激しくウマそう
そんな彼女が先日、Twitterに手作り料理の写真を投稿。その料理が非常にウマそうであり、大変な反響となったのである。

大好物の茄子の季節がやってきました〜♪だし醤油にお酢と、このはちみつ生姜とで、じゅわ〜〜と美味しい煮浸し作りました♡ pic.twitter.com/kaYtyEbFv5

— フィフィ (@FIFI_Egypt) 2017年7月6日

・ハイレベルな家庭料理
フィフィさんが写真を公開したのは茄子の煮浸し。フィフィさんは茄子が大好物であり、だし醤油とお酢、さらにはちみつ生姜を用いて仕上げたという煮浸しは写真からもレベルの高さが伝わってくる。本格的な家庭料理なのだ。

01
02

・フォロワーも大絶賛
普段はフィフィさんが呈した苦言に対してリプライで熱い議論が行われることが多いが、この日ばかりは殺伐とした雰囲気が一変。「美味しそう」「レシピ本を出してほしい」と称賛のコメントが相次いだのだ。

・おふくろの味が恋しくなる
美味しそうな家庭料理の写真を見ると、どうしても「おふくろの味」が恋しくなるものである。一人暮らしをしてコンビニ弁当や外食ばかりの生活を送っていると、おふくろの味とは無縁になってしまう。

高級な料理は高いお金を払えばいくらでも食べることができるかもしれないが、シンプルな家庭料理は食べたくてもなかなか食べられないものなのだ。

フィフィさんの投稿にコメントを寄せた人たちもきっと同じような心理だったのだろう。ああ、なんだかおふくろの味が恋しすぎて涙が出てきたぞ……。

もっと詳しく読む: 【感動】フィフィの手作り料理がカーチャンの料理を思い出させて泣けてきた件(バズプラス Buzz Plus)

http://buzz-plus.com/article/2017/12/01/fifi-ryouri/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。