体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

薄皮が美味しいジューシー小籠包

11月30日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、女優さんの行きつけ店を当てるコーナーで、「京鼎樓・HANARE店(ジンディンロウハナレテン)」(東京都渋谷区)が紹介された。

JR恵比寿駅から徒歩1分ほどにある同店は、台湾に本店を持つ中華レストラン。スタイリッシュな店内では熟練の点心のプロが手掛ける「小籠包3種盛り」(6個1,080円/税込み)をはじめ、女性に人気の「蒸し知床鶏・ジンジャーソース添え」(1,280円/税込み)、「酸辣湯麺(サンラータンメン)」(1,250円/税込み)などのメニューが味わえる。

番組内では薄皮が特徴の「京鼎小籠包」(6個890円/税込み)を紹介。職人が力強く練る・叩くを繰り返したコシの強い薄皮に脂が甘めの国産豚肉とゼラチン状にしたスープを詰め蒸し上げた一品。日本テレビアナウンサーの滝菜月さんは「おいしい。薄い皮だけどしっかりモチッとしていて、スープを出しても肉と肉の間からこれでもか!というくらい肉汁が広がります」とコメント。

続いて登場した「大海老のチリソース」(6尾4,200円/税込み)は、大振りな海老をさっと軽く揚げ豆板醤や酒粕・ケチャップなどを使った特製タレで味付けした一品。熱々の鉄鍋に投入してからあじわうと滝菜月さんは「熱い!プリプリを通り越してブリンブリン!こんなに肉厚なのに周りのソースがしっかりしているからすごい食べ応えがある」と大きな海老を堪能した。

また、コーナーのご褒美として「ズワイ蟹肉入り・卵白炒め卵黄ソース」(1,550円/税込み)を紹介。卵白を油で揚げてズワイ蟹と炒めた一皿、揚げる温度やタイミングが重要で本場では高級料理ともいわれているそうだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:小籠包専門店 京鼎樓 HANARE店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:恵比寿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:恵比寿×中華のお店一覧
なめらかに溶ける「なめらか杏仁豆腐」
グツグツ!アツアツ!「ヤサイたっぷりグラタン(マカロニ)」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。