体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高木新平さん/人生100年時代。迷惑をかけあって、子育てできる社会をつくる【夫婦のチームワークvol.5】

高木新平さん/人生100年時代。迷惑をかけあって、子育てできる社会をつくる【夫婦のチームワークvol.5】

今回お話を聞いたのは、時代の空気を読み解いてビジネスを作る、高木新平さん。CEOとして忙しく働くなか、第二子妊娠中の奥様が切迫早産に。そのとき高木さんが取った行動は? 子育てを通じて得た、新しい視野とは。家事や育児は“自分ごと”――そんな男性にインタビューする連載です。

“女性の社会参画”よりも“男性の家庭参画”のほうが重要

――まずは、無事に正産期(赤ちゃんがお腹のなかで充分に発育し、いつ生まれてもよいとされる期間)での第二子出産、おめでとうございます! ありえるとは思っていましたが、取材の2日前にご連絡をいただいて、驚きました。

ありがとうございます。ひさしぶりの新生児、ちっちゃくてかわいいです。

――それにしても高木さん、バリバリと忙しく働くクリエイター界隈で、30歳にして2児の父とは、ずいぶんスピーディーですね。

もともと、25歳くらいで子どもがほしいなと思っていたんです。面白い経営者って、学校を中退していたり、めっちゃ早く結婚してたりするじゃないですか。人と違う経験をして生きてきた人の話って、やっぱり面白い。だから、僕も結婚や出産と起業は早めにしたいと思っていました。

それに、子どもを産む年齢を男が意識するっていうことが重要だと思ったんですよね。女性は産むほうだからプレッシャーもあるし、いやでも意識するのに、男性はしないでしょう。僕はいま“女性の社会参画”よりも“男性の家庭参画”のほうが重要だと思ってる。だから、そのスタイルを呼びかけるためにも動き出したわけです。

そう決めたらいまの妻と出会って、とんとん拍子で結婚、第一子の娘を妊娠。そのくらいのタイミングで起業したけれど、本格的に会社が走りはじめたのは産後しばらくしてからなので、最初は妻と2人で子育てをスタートすることができました。

――子どもと会社が同時期に産まれて、両立するのは並大抵のことではないように思います。

そうですね。産前は深夜休日を問わず働いていたけれど、そのスタイルは持続的じゃないから、働き方を変えました。まず、土日は働かないって決めた。パソコンを持ち帰らないとか、業界的に死ぬほど多い残業をなくすとか、社風として作っていきました。世の流れをくみとって企画する仕事をしているのに、いまこれだけワークライフバランスが叫ばれているなかで、自分たちがブラックじゃどうしようもないですよね。だから出産を機に、会社ごと変わろうと思ったんです。

そうやって土日を子どもと過ごすうちに、1歳になるころには、娘と2人きりで旅行に行けるくらいにはなっていました。とはいえ、平日はめっちゃ忙しいんですよ。たとえ残業をなくして20時に仕事が終わっても、採用のために人に会ったり、大切な会食とかもあるし……妻には「飲み会でしかまとめられない話は、あなたが実力不足だからだ」とか言われちゃうんですけどね(笑)。

 

子育てで迷惑をかけた経験が、視野をやさしく広げる

――そんな日々のなかで、第二子を妊娠。奥様は11月末の出産予定日をひかえ、8月中旬に切迫早産(早産しかかっている状態)で自宅安静という診断を受けられました。そのときに高木さんが書かれたnote「妻が切迫早産につき、夜は早く帰り、休日はどんな場所にも子連れで参戦します。」を見て、今回の取材を依頼したんです。

平日は治外法権のように働いてきたのが、急にそんな事態ですからね。実家も遠くて頼れないし、妻を安静にさせるためには、僕が子どもを見なくちゃならない。もうnoteで先に宣言して、既成事実にしていくしかないと思いました。状況を作り出すためと、覚悟を決めるために書いたわけです。クライアントから何かに誘われても「すいません、これです」ってURLも送れるし。

転んでもタダでは起きたくないから、まずはこのネタをどう活かそうか考えました。せっかくだから、みんなに学びのあるようにしたい。NEWPEACE Inc.で子どもがいるのはまだ僕だけですが、次に誰かが似た事態になったとき、子育てor仕事とならないような仕組みを作っていきたいと思いました。それが、うちの会社をロールモデルとして、同業他社にも広まっていくといいですね。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会