ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本発祥の絵文字をモチーフにしたアニメ映画『絵文字の国のジーン』 2018年初春日本公開決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本発祥の絵文字をモチーフにしたアニメ映画『絵文字の国のジーン』 2018年初春日本公開決定

 日本発祥の絵文字をモチーフにしたアニメーション映画『絵文字の国のジーン』の日本公開が2018年初春に決定しました。配給を行う、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが2017年12月1日に発表しました。

 『絵文字の国のジーン』は全米興行初登場2位、アニメーション映画では初登場1位のヒットスタートを切り、世界で興行収入232億円を突破した話題の作品です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 主人公ジーンは絵文字なのに自分の役割である不機嫌顔の「ふーん」な表情が出来ない落ちこぼれ。自分に決められた表情ができない絵文字のジーンが、「本当の自分」になるための冒険を描いた物語。

 監督には『リロ&スティッチ2』のトニー・レオンディス、プロデューサーは『世界にひとつのプレイブック』のミシェル・レイモ・クーヤテが担当。

 日本での劇場上映は、日本語吹き替え版のみとなりますが、オリジナル版では主人公ジーンの声をT.J.ミラー、他にもジェームズ・コーデン、アンナ・ファリス、パトリック・スチュワート、ソフィア・ヴェルガラと一流のハリウッド俳優とスタッフが集結しています。

 海外で好成績を出した本作。発祥の地日本でそれがどう受け入れられるのか?日本語吹き替えキャストの発表含め、続報にも注目が集まりそうです。

(C) 2017 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. “emoji”TM is a trademark of emoji company GmbH used under license.
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連記事リンク(外部サイト)

「上坂すみれのヤバい〇〇」からパーカーとTシャツが登場
『仮面ライダーW』のフィリップの本が登場!ゾクゾクするねぇ…
うまる〜ん!「アニ☆ステ」オリジナルアニソンランキング、Aqoursを抑えて干物妹が首位

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。