ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

天童木工による名作椅子 × 音楽のコンサート、第5回はギターとリコーダーのアンサブル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
TendoMokko_tokyo_concert_001

クリスマスソングも演奏

2017年12月6日(水)、東京・浜松町の「天童木工 東京ショールーム」にて『天童木工 東京ショールーム コンサート Vol. 5 「イスと出会った音楽の話」― Oto do Isu ba majele! ―』が開催されます。

天童木工の職人が作り上げた名作椅子と音楽を楽しめる毎回好評のコンサート企画。座る椅子は先着順で、柳宗理や剣持勇、Bruno Mathsson(ブルーノマットソン)など国内外のデザイナーが手がけた中から好きなものを選ぶことができます。

今回は、ポルトガル出身のリコーダー奏者・António Carrilho(アントニオ カリーリョ)氏と、ギターをはじめ撥弦楽器の演奏に積極的に取り組む西垣林太郎氏によるリコーダーとギターのアンサブルです。

演目は、クラシックの名曲から、映画『モアナと伝説の海』の主題歌「How far I’ll go」、クリスマスが間近に迫った時期の開催ということでクリスマスソングまで、誰もが楽しめる曲が予定されています。

参加は当日でも可能ですが、事前のお申し込みがオススメ。外では東京タワーがクリスマスツリーのように夜景を彩る中、名作椅子と音楽と過ごす素敵な夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

TendoMokko_tokyo_concert_002 左:リコーダーを演奏するAntónio Carrilho氏。ポルトガルのリスボン出身で、教員として指導するほか、オランダ、ドイツ、イタリア、インド、ブラジル日本を含め、70以上のワークショップでも講師を務めています。

右:ギターを演奏する西垣林太郎氏。フランス国立ニース地方音楽院に留学後、ギター以外の撥弦楽器の演奏にも積極的に取り組み、正倉院宝物復元琵琶や古代エジプト復元リュートの演奏も手がけています。

Photo:畠中和久

天童木工 東京ショールーム コンサート Vol. 5 「イスと出会った音楽の話」― Oto do Isu ba majele! ―

会期:2017年12月6日(水) 19:00~(開場は18:30より)

会場:天童木工 東京ショールーム

入場料:無料

申込み・問合せ:booking@tendo-mokko.co.jp

※名前、連絡先、人数をお知らせください

※事前申込みがおすすめですが、予約なしでの入場も受付しております。

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

九州初!「フリッツ・ハンセン ショップインショップ」がオープン
「20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ」展、大分を皮切りに巡回スタート
ジャスパー・モリソンと熊野亘がデザイン、more trees10周年記念「スツール」発売中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。