ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

両はしをぐしゃっ!伸縮可能なサイクリングヘルメット「LID」は収納も楽チン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
サイクリングを楽しむ人にとって、頭を守ってくれるヘルメットは必需品だ。ただ、そのせいもあってか、やはりヘルメットは大きくて、ゴツゴツしているものが一般的。

ようやく、その状況を変えるべく、イギリスのとある会社が動いたようだ。今Indiegogoでキャンペーンを実施しているサイクリング用ヘルメット「LID」は、安全面を確保しつつ、利便性を向上したヘルメットなのだ。

・両はしをぐしゃっと潰して収納できる

LIDは、ヘルメットそのものが1枚のパーツではなく、複数のパーツによって構成されているため、両手で押せば両はしを縮めて全体サイズを縮小することができるのだ。ヘルメットは、自転車を降りた後は盗難防止のためにも手でもち運ぶしか方法がなかったのだが、縮めたLIDであればカバンに入れておくこともできるサイズ感になる。

自転車で会社通勤をしている人であれば、机の引き出しにも保管しておくこともできるだろう。もちろん、ヨーロッパで安全面をクリアした認可もしっかりと受けているので、安全性も確保している。

・サイズ調整もしやすい

ヘルメットには4つの切り込みを用いた調整機構とベルクロバンドが使われているので、頭の大きな人でも問題なく装着することができるそうだ。背面にはUSBで充電可能なバックライトも取り付けることができるので、夜道の運転も安心だ。

カラーはピンク、グリーン、ブラック、ホワイト、オレンジの5色で、街乗りを意識した、おしゃれな展開となっている。なお、値段は今なら通常価格の半額の70ドル(約7950円)で、2018年5月頃の発送を予定しているようだ。

使い勝手のよいヘルメットを求めていたという方には、ぜひチェックしてもらいたい。

執筆:Doga

LID/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。