ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

牛ホルモン喰いたいなら、大阪でも厚木でもなく“すた丼屋”へGO!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

“旅する「すた丼」”こんどは大阪へ――。

 

すた丼屋ではこれまで、「北海道すた丼~濃厚バター醤油味~」「仙台牛タン塩すた丼」と、“ご当地すた丼”を展開してきたが、この12月1日からは、ついに西へと旅立つ。

 

プルンプルンでジュワーッ!

題して、「大阪牛ホルモン味噌すた丼」。12月1日~1月31日まで、伝説のすた丼屋/名物すた丼の店で試せる2か月限定販売メニューだ。

 

豚バラ肉のすた丼との違いを感じるのは、テーブルにドンと置かれたときから。牛ホルモンのプルンプルンさが、丼ぶりを揺らしただけでわかる。

 

この大阪牛ホルモン味噌すた丼、「牛肉文化であり、そしてホルモン料理の発祥地である大阪にちなみ、小腸の中でもとくに甘味のあるプルプルの脂が豊富なマルチョウと、柔らかで牛肉の旨みが味わえる希少部位であるゲタカルビの、2つの部位を使用した」という。

 

プルンと踊る牛ホルモンに圧倒されながら、まずは卵なしで。すた丼を想わせるにんにくの匂い、そして味噌ダレ。牛ホルモンのジュワッとした脂のうまみ。それはそれは濃厚。

 

ミニ、標準、デカ盛りの山を登れ!

大阪・鶴橋のホルモン、厚木のシロコロホルモンも有名だけど、「牛ホルモンが喰いたい!」と思ったら、もはやすた丼屋にダッシュ! がいいかも。

 

それにしても、北海道、仙台、大阪ときて、次はどこへ行くの? と担当者に聞いたところ、「九州や広島を考案中。九州は味覚、広島は名物がヒント」と教えてくれた。次も、期待していいでしょ!

 あまから手帖 大阪ミナミ決定版100選
Fujisan.co.jpより

関連記事リンク(外部サイト)

キットカットショコラトリーがリニューアル!スイーツ好き川田アナが新商品を食レポ
取材されやすい都内の海外レストラン!!旅行気分でごはんはいかが?
珍しい国のレストラン5選
改装費5000万。空飛ぶラーメンを食べに『ラーメン凪・大宮店』へ行ってきた。
誰が最初に食べた?【閲覧注意!】な珍味すぎる「マジかよグルメ」!

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。