ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中孝介、中国映画の主題歌となった新曲「One」のティザー映像を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中国の動画再生サイト“youku(読み:ヨウクー)”などで再生回数約2,000万回を記録し、中国恋愛映画『小情書(ラブレター)』の主題歌となっていた楽曲「One」の日本語ver.が、11月29日より配信スタート! このリリースに併せてティザー映像も公開された。
中孝介 (okmusic UP's)

「One」は、5月に中国で公開された映画『小情書(ラブレター)』の為に書き下ろされた楽曲で、映画は中国を舞台にした現地高校生男女の恋心が、友人関係や家庭環境によってすれ違いながらもお互いが大人へと成長していく過程を描いており、その彼らの心情を中孝介の歌声で甘く切なく表現した珠玉のバラードだ。なお、本映画では、中国語での歌唱となっているとのこと。2006年のデビュー以来、シマ唄独特のこぶしとファルセットを取り入れた歌声は“楽器のような声”と絶賛され中華圏で人気を集める。その後、台湾映画へ出演するなど中華圏での知名度は圧倒的で、発売したアルバムはチャート1位を記録し、2014年からは4年連続でツアーも行なっている。

中孝介は12月10日に東京国際フォーラムホールCにて『中孝介コンサート-フユウンメ2017-』を開催。コンサートのタイトルにある“フユウンメ”とは奄美の方言で“冬の折り目”という意味で、1年の豊作に感謝をすることをいう。中孝介曰く「1年を通し、各会場に足を運んでくれる皆さんや、拍手や温かい声援が僕にとっての豊作と思っています」とのこと。そんな感謝の思いを込め、フユウンメコンサートでは「花」「サンサーラ」はもちろん、新曲「One」を初披露する。
「One」日本語Ver. ティザー映像

https://youtu.be/xp0Nr_tdBrg配信楽曲「One」
2017年11月29日配信開始

・配信URL

https://erj.lnk.to/0XdjAWN
『中孝介コンサート -フユウンメ2017-』
12月10日(日) 東京国際フォーラム・ホールC

開場14:45 開演15:30
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。