体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

否応ないEV化の波……。心が叫びたがってるんだ! 至高のV6アルファに乗れと!

▲写真はアルファロメオ 156 GTAの3.2Lエンジン。このようなディープで強烈なガソリンエンジンを普通に楽しめるのも、もしかしたらあとわずかな時間なのかも?

▲写真はアルファロメオ 156 GTAの3.2Lエンジン。このようなディープで強烈なガソリンエンジンを普通に楽しめるのも、もしかしたらあとわずかな時間なのかも?

「あの味」を経験しないままEV/FCVに行くわけにはいかない……

好評のうちに閉幕した東京モーターショー2017。そこではステキな内燃機関搭載モデルの展示もそれなりに豊富ではあったが、基本的には「電動化」と「自動運転」のための一大ショーケースであったように思われた。

実際、筆者が取材した某超有力経済団体によれば、2020年には専用レーンを自動走行する燃料電池バスが社会実装される公算が高く、「そのための技術はすでにある。あとはそれをどう適用・運用できるかという調整の問題」とのこと。2020年の時点ですべての交通が完全自動化されるわけではないが、社会全体および自動車業界が「その方向」へと向かって動いていることは間違いない。

一個人が時代の大きな流れに逆らうのはほぼ不可能であるため、筆者のような古典派の自動車愛好家もそれについては「ま、仕方ないよね」とは思っている。しかし同時に強く思うのが、「……でも、その時が来るまでに“あの素晴らしいエンジンたち”を存分に味わっておかないことには、自動車愛好家としての魂が成仏できないよ!」ということだ。

▲東京モーターショー2017にも出展されたメルセデス・ベンツの「コンセプトEQA」。もちろんこういうのもステキではあるが、こちらとしてはその前にやっておくべきこと(買っておくべきモノ)が……

▲東京モーターショー2017にも出展されたメルセデス・ベンツの「コンセプトEQA」。もちろんこういうのもステキではあるが、こちらとしてはその前にやっておくべきこと(買っておくべきモノ)が……

そこそこ燃料を食ってしまい、排ガスも少々濃いのかもしれない。だがその代償として、得も言われぬ快感をドライバーに与えてくれる名作エンジンたち。数年後にそれらを積んだモデルの中古車を買おうと思ったはいいが、「時代がそれを許さない状況になりました」とか、もしくは「マトモな個体がもう残ってません」では悔やんでも悔やみきれない。

それゆえ今、全員ではないが一部の自動車愛好家には「例えばこんな濃い口名作エンジンを積んでいる中古車を、今のうちに買ってみるのはどうでしょう?」と熱烈に提案したいのだ。

一例としてのそれは、アルファロメオ 156 GTAおよび147 GTAである。

▲イタリアのアルファロメオが製造販売していたアルファロメオ 156 GTA(右)と147 GTA(左)

▲イタリアのアルファロメオが製造販売していたアルファロメオ 156 GTA(右)と147 GTA(左)

その快音は人間の生(せい)を祝福するファンファーレ!

詳しくご承知の人も多いだろうが、アルファロメオ 156および147のGTAとは、02年から03年にかけて登場したスペシャルモデル。専用足回りの採用や純正空力パーツ、ブレンボ製対向4ポッドキャリパーの装着などもGTAの大きなトピックではあるが、その最大の魅力は「特別なエンジン」にあると言っていい。

中期型までのアルファロメオ GTVにも搭載された珠玉の3L V6 DOHCのストロークを5.4mm延長。吸排気ポート形状やバルブタイミングのモディファイ、専用ECUと空冷式オイルクーラーなどを用いた専用チューンが施された。

結果、156 GTAならびに147 GTAの内燃機関は「珠玉のV6」を超える「至高のV6」と呼ぶべき次元へ到達した。

156 GTAおよび147 GTAは、純正マフラーであってもアイドリング時の排気音はそれなりに野太い。しかし、実は低速トルクも十分なセッティングであるため、2500rpmぐらいまでを主に使う市街地での安全運転も、割と得意とする。タウンスピードでの乗り心地もなかなか良好だ。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。