ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」

夏は、白シャツにジーパン。冬は、黒のタートルネックにジーパン。
僕の服装は、だいたいこんな感じ。

ジーパンを欠かせない生活を送るなかで、おしゃれでなくてもいいから、機能性の高いものが欲しいとずっと思っていた。そんな願いを形にしてくれたのが、新しい時代のジーパン「パンジー」だ。

使いやすいものを、つくる

ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」

ジーパンを、アップデートする——。

ALL YOURS」は、デザインやトレンドを気にせず、「使いやすさ」を追求している会社だ。ジーパンのすべてのデメリットを解消した、というその特徴が、こちら。

【色が変わらない】
買ったときの状態が、長く続く。色落ちをさせて自分色にすることにこだわりのないユーザーにとっては、ありがたい。

【洗濯後の乾きが早い】
3時間の部屋干しで、完全に乾く。寝る前に洗濯して、翌朝には着ることができる。

【伸び縮みする】
軽くて動きやすいため、締め付け感がなく着ていて疲れない。

【見た目は天然繊維】
化学繊維でできているため、シワになりにくく型崩れしない。

パンジーは、「ちょっとだけ不便だけどそれが当たり前」になっていた部分をアップデートした、新しい時代のジーパンなのだ。ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」

地方の工場と、つくる

洋服を、ファッションではなく、道具としてとらえたものづくり。道具であるからには、便利で生活の質を向上させるものを作っていきたい。そんな思いを一緒に形にしているのは、熟練の技術で高品質の素材を生産する地方の工場である。

パンジーの生地開発をするのは、石川県にある「丸井織物株式会社」。繊維企業とIT企業のふたつの顔を持ち、革新的な生地を生み出しているという。ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」 縫製を担当するのは、岡山県にある「塩田被服興業株式会社」。レプリカジーンズといわれる、昔ながらのヴィンテージ仕様の縫製を得意とする、1966年創業の会社だ。ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」

最後の仕上げ加工は、同じく岡山県にある「豊和株式会社」。ホームページに「新品を古着にしたのは豊和でした」とあるように、ジーンズにユーズド加工の価値をつけた専門店。

本当に必要なものを、つくる。新しいアイデアと、長い年月をかけて磨かれた技術が融合して、パンジーは生まれたのだ。

……着てみたい! つい欲しい気持ちが高まり、池尻大橋にある店舗へ試着に行ってきた。ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」

「チャリ、乗りやすそう!」

ストレッチが効き、軽くてゆったりしたパンジーは、自転車通勤の僕にはもってこいの着心地。スタッフさんとの会話も弾み、試着したまま気づくと1時間。脱ぐのが名残り惜しくなっていた。「サヨナラ、ジーパン!」。

ALL YOURSは現在、CAMPFIREで「24ヶ月間連続クラウドファンディング」に挑戦中。2ヶ月に一度、新商品を発表している。その第4弾が、この「パンジー」というわけだ。Licensed material used with permission by CAMPFIRE

関連記事リンク(外部サイト)

日本最古のジーンズブランドを知っていますか?
【ブルックリン発】アパレル業界でゴミ0に挑むファッションブランド
モデルは全員素人。ファッションに制限なし。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。