体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ムーミンやマリメッコの故郷。東京から4泊5日、北欧・フィンランド観光でオーロラを見よう♡

ムーミンやマリメッコの故郷。東京から4泊5日、北欧・フィンランド観光でオーロラを見よう♡

誰もが人生で一度は見たいと憧れるオーロラ

そんなオーロラが見える土地としては北欧とカナダが有名ですが、 今回は北欧の中の国のひとつ、フィンランドでオーロラを見るプランをご紹介します!

フィンランドでオーロラが見える季節は9月から4月までと意外と長いのですが、オーロラは天候に左右されるところがあるので、いつでも見られるわけはありません。

見られる確率を上げるなら、晴れの多い1月後半から〜3月がおすすめなんですよ!

フィンランドってどこにあるの?

ムーミンやマリメッコの故郷。東京から4泊5日、北欧・フィンランド観光でオーロラを見よう♡

フィンランドは、スウェーデン、ノルウェー、ロシアに周りを囲まれた国で、夏は日が沈まない白夜があります。

また日本でお馴染みの、ムーミンやマリメッコの故郷でもあります♩

フィンランド観光のスケジュール

今回はフィンランドの北から南までの横断プランになっています。

またオーロラだけではなく、有名なサンタクロース村ヘルシンキも観光スケジュールに組み込んでいるので要チェックですよ♩

ムーミンやマリメッコの故郷。東京から4泊5日、北欧・フィンランド観光でオーロラを見よう♡④ヘルシンキはフィンランドの最南にあります。

1日目:ヘルシンキ国際空港着→(国内線乗換)→①イナリ→宿泊、オーロラ鑑賞

2日目:イナリ→(バス3時間)→②ヴオツォ→宿泊、オーロラ鑑賞

3日目:ブウォツォ③ロヴァニエミ

4日目:ロヴァニエミ、サンタクロース村へ→(夜行列車13時間)

5日目:朝④ヘルシンキ着

6日目:ヘルシンキ国際空港発

ムーミンやマリメッコの故郷。東京から4泊5日、北欧・フィンランド観光でオーロラを見よう♡

日本からのフライトはフィンエアーから成田、大阪、福岡などからの直行便が出ていますが、往復8万円前後

毎日運行ではないことがあるので、運行日はネットでチェックしてくださいね。

フィンランド観光にかかった費用(東京から4泊5日)

フィンランド観光にかかった費用は、合計で約15万5000円

費用のざっくりとした内訳は、こんな感じ。

日本からの交通費:8万円

宿泊費(4泊分)…3万5000円

バス代:2万円

電車代:1万円

現地飛行機代:1万円(ヘルシンキ→イヴァロ)

北欧はやはり物価が高く、私が旅行した国の中でもフィンランドは一番物価が高かったような気がします

またホテルは2人部屋が主流なので、1人部屋がないこともしばしば。そんな時でも1人で2人分を払わなければならないので、1人旅だと宿泊費が少し高めになります

①②イナリ、ブオツォ、北欧フィンランドでオーロラを見る♡

ムーミンやマリメッコの故郷。東京から4泊5日、北欧・フィンランド観光でオーロラを見よう♡
1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会